« 2013年9月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の記事

2014年2月19日 (水)

ダイヤルTを廻せ!

A.C.+3days・・・アフターコロニーじゃなくて、アフターCP+ね。

今年の御苗場Vol.14横浜は、正にその名の通り横浜にBrizzardを引き連れてきて、よもやの会期3日目開催中止というハプニングがあったりしましたが、最終日には親しくしていただいているナカムラマサトさんが、見事デジタルカメラマガジン賞を受賞するという嬉しい出来事もあって、なんだかんだ大盛況のうちに幕を閉じました。
個人的には結局バタバタと慌ただしく本番を迎えてしまい、アタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタしている間に終わってしまったような、祭りのあとなのかあとの祭りなのかよくわからない感じでちょっと脱力中のyonhongiであります。

Xt1_dials CP+そのものは初日のプレミアタイムに、遠路はるばる今年もやって来たむっちーさんや、いつも(生)暖かいコメントつきで紹介してくれるクマデジタルさんといっしょにひと通り見て回ったのですが、前述のようにふわふわした気持ちだったので、記事に出来るほどの記憶がなかったりww

だがしかし、まだだ、まだ終わらんよ!
と・い・う・こ・と・で

勝手にセルフCP+…CAMERA & PHOTO IMASING し・よ・う !

FUJIFILM X-T1

買っちゃいました テヘペロ(・ω<)
(ホントはね、2/15発売のこのカメラを意気揚々と御苗場最終日に持っていこうと企んでいたのですが、同時に頼んだレンズは発売延期になっちゃうわ、雪による物流大打撃でボディも間に合わないわで、当日までに手元に届いたのはバッテリーグリップのみだったというね(´・ω・`)ショボーン)
去年も一昨年も何気にコンパクトカメラにしか手を出さなかったので、自分としては久々の本格的カメラ購入なおかつ何気に初ミラーレス機で
結構テンションあがっちゃっています(なにせ実機に触りもしないで発表即ポチだった)。折角ですから何回かに分けて自腹レビューなどエントリーしてみようかなと。で、まずはハードウェア編を手持ちのXシリーズ初代X100と比較しつつ。

なんといっても特徴的なのが軍艦部に並ぶ3連のダイヤルでしょう。
左肩からISO/ドライブモード2段ダイヤル、(ペンタプリズムは入っていないけれど便宜上)ペンタ部右のシャッタースピード/測光モード2段ダイヤル、そして露出補正ダイヤル。

Xt1_back
特にISOダイヤルは Canon Powershot G7 を使っていた時から、デジカメだからこそ必須と内心ずっと思っているにもかかわらず、なかなか搭載される機種が少ない機能性パーツのひとつで、それ故、今回購入の決め手になったのもこのダイヤルがあったからと言っても過言ではありません。ダイヤル中央のロックボタンは人によって評価が別れる部分ですが、ISOは意図を持って設定したらある程度そのまま撮影しますし、ISOブラケット機能も搭載されているので、各位置ロックの方式で正解だと個人的には思います。
対して、シャッタースピード優先で使う場合に頻繁に弄るであろうSSダイヤルのロックは当然A位置のみですし、ロック機構のない露出補正ダイヤルはその分固めの廻り具合で、X100のそれよりもひとまわり大径化して補正範囲も±2EVから±3EVに拡大することで、利便性と操作性のバランスをとったものと思われます。

背面では十字キーとコマンドダイヤルが分離して一般的な上下左右のボタンになったのが目に付くところ(X100で最も不満が出た部分でX100sではそれでもかなりフィーリングが改善された部分)ですが、その4つのボタンをFnボタンとして全てカスタマイズ可能にしてくれたのは好感が持てます。一部でこのボタンのストロークが少なく押しづらいとの意見も見受けられますが、自分的には許容範囲内で慣れの問題じゃないかなと。

Xt1_evf_full そして話題のEVF。
X-E2までのレンジファインダースタイルも使い勝手悪くはありませんでしたが、このモデルから一眼スタイルの光軸上に移動したEVFは、現時点で最高のEVFとの謳い文句に間違いはないようです…が、それはあくまでEVFとしてであって、OVFと比べるのはやはりナンセンスかと。
像倍率は文句なしで像の追従も悪くありませんし、色合いも変に彩度が高いということもありません…が、やはり明暗差の激しい視界を横切るような動作をすると、ホワイト/ブラックアウトしてしまうのは、人間の眼に比べてラチチュードの狭い撮像素子を使っている以上仕方がないことでして…その点はメーカー側も重々承知の上なのでしょう、X100のハイブリッドビューの頃からファインダーにコダワリを持って開発してきたFUJIFILMなだけあって、EVFならではの機能を搭載してきました。

Xt1_evf_2cell マルチモード・ビューファインダーと名付けられたそれらの表示方法のうちの2画面やデジタルスプリットイメージなどは、確かにOVFでは実現しえない新たな表示方法の模索の結果であると言えるでしょう。
いままでのAFまかせで構図確認の為だけのEVFが、ようやく積極的にMFにも使えるファインダーに(まぁまだまだ道半ば感はつきまといますが)一歩近づいたという感じです。ぶっちゃけ背面液晶使えば今までだって同じようなことが出来たと言ってしまえばそれまでですが、カメラという道具において覗き込んで使うファインダーとフリーな体勢で使う背面液晶とでは役割が全く違うので、この部分の進化はやはりデジタル一眼には不可欠といっていいでしょう。特に望遠系やマクロなレンズの場合、見えの良いファインダーを備えることは撮影効率と撮影意欲に直結しますから。

Xt1_xf60mmmacro そんなわけで自分は今回、キットレンズのセットではなく、Xマウント1本目のレンズに敢えて XF60mm F2.4 R Macro を選んでみました。
(御苗場出品作品でもそうですが、自分は縦位置撮影比率が高いので)バッテリーグリップ VG-XT1 も装着。ストラップは色々と応用の利くdiagnalのNINJAストラップ38mmの冬季限定ダークオレンジ色という組み合わせ。

いやはや カッコイイ( ´Д`)=3

この角度から見ると数字の刻印が溢れていて、それだけで何故か幸せを感じますねぇ。往年のFUJICAではなくFUJIFILMロゴなのも不思議と違和感なく、よくボディに溶け込んでいると思います(CONTAXってロゴでも違和感ないけどw)。
そしてなにより素晴らしいのがこのサイズ感。厚みといいバランスといい正にフィルムカメラ時代のそれで、グリップを握りしめただけでノスタルジーに浸れる世代になってしまった自分を再確認してしまい、嬉しいのか悲しいのかよくわからない涙を流したり…。
とにかく、この縦位置グリップの握り心地はかなり良いので、X-T1購入の際には一緒にカートへ入れることを強くおすすめします。

長くなりそうなので、今回はこのへんで。
次回使い勝手編につづ・・・くと思いますw

Photo
DATA : FUJIFILM X-T1 / XF60mm F2.4 R Macro
1/5sec. : F7.1 : ISO 800 : 60mm (FS.91mm) : JPEG (FILMsimulation-PROVIA)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

猫目線的日常 @ #御苗場Vol.14横浜 ブースNo.97

テーマは街猫。

Photo_2 「 街猫という
   ありふれた存在の
    あるがままの表情を
     ありのまま撮りたくて 」

自分の原点(大昔、フィルムカメラで撮った写真を雑誌に投稿して、 はじめて採用されたのが街猫の写真でして…)ともいえるこの被写体をできるだけ素直に表現してみました。
けっして綺麗じゃない、珍しくもない、家猫とも野良猫とも違う、だけど我々のいちばん身近に生活するいきもの。
そんな彼らが瞬間垣間見せる表情(かお)を、彼らの視線を感じつつ、彼らの目線の高さで感じとっていただけたら、と。

なので今回は、あえてキャプションを一切つけずに展示してみました。
それでもやっぱりちょっとだけ補足説明ということで、ココで公開。
モデルは偶然にもキジ/サバトラばかりですが、ぜんぶ別猫さんです。
折角のプリントですのでWebではレイアウトしにくい縦位置の4枚で組写真風に構成。

X100_1300_f4_iso200_small
大欠伸のこの仔は手賀沼の近くに住む地域猫さん。なので警戒心皆無で、いつもこころよくモデルをしてくれます。

K7_fa77_60_f4_iso200
ちょい上目遣いが素敵なこの仔は、近所のお寺さんに住みついている若い猫。ごはんをくれる人がくるのを、今か今かと待ち焦がれています。

この2枚は口元や瞳の生々しさを大事にしたかったので、キヤノンのツヤツヤなプラチナグレードN紙にプリントしました。

K7_fa77_80_f4_iso125_small
3枚目のこの仔は川崎在住。後ろの小さな子が遊びたそうに見ているのもそっちのけで遠くを眺めています。実は出展作品プリント後に出会って、急遽差し替えました。
こちらはもう少し落ち着いた雰囲気のフジフイルムの画彩高級光沢紙。プリント時に若干黄色みがかる感じがしますが、この画にはそちらのほうが合う気がしました。

K7_fa77_100_f8_iso100_small
この仔も近所の猫で、いつもアクロバティックな格好で毛繕いをする姿を見せてくれます。
砂利の地面と毛並みのごわごわした感じを伝えたくて、友人宅のEPSON顔料インクプリンタを借りて、ピクトリコ・フレスコジクレーという漆喰紙に印刷したので、まるで絵のような仕上がりに出来ました。

・・・と、こんな具合に蘊蓄語りたいのは山々だったのですが、展示でそれやると観る人の想像力にリミッターかかってしまいそうで (;´Д`)
会場でプリント観ていただけた方はノートやここに感想でもコメントでも、なんでも残していただけたら嬉しいですし、会場に来られない人には雰囲気の一端でも伝われば幸いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

予告「おにゃえば今まで撮った猫写真の枚数を憶えているのか?」

_igp4150 明けましておめでとうございま・・・した (;´Д`)
いやいやいや、もう2月でしたね。
福は内、鬼・・・が笑うわ。
気がつけば暦の上では節分もとっくに過ぎているではありませんか!
皆様いかがお過ごしですか?

おちこんだりもしたけれど、
私はげんきです。

冗談はさておき、「労力は3倍どころじゃないだろうけど、来年はひとりで挑戦してみようかしら。」なんてことを去年の今頃言ったのを思い出して、一念発起して申し込んだ 御苗場Vol.14 横浜 がいよいよ来週に迫ってまいりました。
昨年後半はロクに課外活動もしていませんでしたので撮影の勘も鈍っている上に、ただでさえ忙しい年末年始をはさんでの作品づくり、いざ始めてみると3倍どころかゲイン5倍でも追いつかないくらいハードで、ホンマに出来るンかいなと半信半疑でしたが・・・

Nowprinting 残り一週間を切って、ようやく展示物の半分くらいは完成しました。
ヾ(・∀・;)オイオイ ソンナンデホントニ マニアウノカ ?

なんつったって、この為に昨年末 Canon PRO-100 まで買ったんですから、今更止めるわけにもいきませんしね。人間、自分を追い込むって必要です(物欲消化という行為が追い込みになるかどうかは再考の余地アリ)。

そんなわけで、改めて告知いたします。
カメラと写真映像の情報発信イベントCP+2014会期中にパシフィコ横浜会場内のアネックスホールにて同時開催される参加型写真作品展示会「御苗場」に、今年も参加します。
会場入ってすずっと右手奥No.97 yonhongi としての個人展示と、お隣 No.96 PSAM でのグループ展示によるダブル参加という、なんとも無謀な挑戦 (;・∀・) の結末や如何に!乞うご期待!
今回、自分の作品は個人分全て「猫」で統一…まぁ僕の写真の原点ですしライフワークのひとつですから当然というか必然ですね。それに誰かが言ってた通り「おにゃえば」ですし。。。
初日13日と最終日16日は会場内に居る予定(ただし去年同様、CP+ブースで新製品に・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・している可能性も捨て切れませんw)ですので、もし見かけたら気軽に声掛けてくださいね。サービス サービスぅ とはいかないまでも、握手とかハグくらいならば(そんなのイラナイですよね)

_igp4170
ちなみに今年の御苗場には、お知り合いの方もちらほら参加なさるとのこと。
No.199 Shoichi ASAOKA さん とか 、
No.166 ナカムラマサトさん とか。
(その道のプロの方々と比べられたらウチのブースなんて見劣りすること必至なので、近くなくて良かった〜と真面目に胸を撫で下ろしてはいますが)当日がホント愉しみでございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年3月 »