« クロネコさんからお荷物着いた | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

2012年6月20日 (水)

あらしのよるに…カメラいじり

気の早い台風4号が上陸した今日、たまたまお仕事お休みの日だった自分は、ツイてるのかツイてないのか。。。
時速65kmと足の速い台風で、いつごろから降り出すかも心配だったので外出は控えました…できれば本土寺あたりまで出向いて紫陽花や菖蒲でも撮影して来たかったのですが。

そんなわけで連邦の新兵器、黒い悪魔ことDSC-RX100の自腹レビュー第二弾は、改めて本体編です(前回は届いたばかりの実践投入で、しみじみ愛でる時間がなかったのでw)

Dscrx100_flashpopup レンズが沈胴している状態だと、上から1/3程の位置にあるキャラクターラインのせいか一見して飯盒のように見えるボディデザインは、それだけになかなかミリタリーで男心をくすぐりますが、細部を観察してみるとより一層魅力的です。
SONYのロゴは掘り込みですし、レンズ正面に施された目の細かいスピン加工やコントロールリングのローレットの刻み具合がまたそそりますねぇ。
コントロールリングの操作感はなかなか重厚で、しっとりとまでは言わないまでも無段階にジワッと廻る感触が指先に心地よいのです。
正面右下のZEISSマークだけはシールでしたのでそのうち剥がしちゃうと思いますが、Carl Zeiss Vario-Sonnar T* レンズ表記以外に余計なブランドロゴや機能表示されていないのがまたスパルタンで好印象。
そのレンズは電源オンとともに大きく繰出します。広角端望遠端でほぼ最長、換算75mm前後で最短になりますが、それでもよくぞこのボディの厚みに開放F値1.8のレンズを収めたものだと感心してしまいます。
フラッシュは小型ながらもリトラクタブル方式。ちょっと残念なのは手動でポップアップするスイッチが無いので、背面ボタンで発光許可してシャッター半押しで初めてカチャッと出てくる点…これだと猫さん撮りでアイキャッチ入れようとすると、フラッシュ飛び出したときの音で驚かれて逃げられる場合があるんですよ。。。

Dscrx100_topDscrx100_topzoom_2 コンパクトデジカメとしては異様に重い操作感のモードダイヤルやシャッターボタン、果ては小さな電源ボタンにまで放射スピン加工がされているのも素敵です。
コントロールリング根元上面にも Vario-Sonnar T* F1,8 と刻まれているのはちとくどい気もしますがカッコイイから許しますw
ちなみに型式DSC-RX100はさり気なく軍艦部に記載されていますが、Cyber-shotのブランドロゴとフォントを変えてあるのって、なにか社内規格でもあるんでしょうか、ね?
この軍艦部の段差もちょっと大袈裟なくらいシャープな印象ですが、キライじゃないです。

Dscrx100_bottom Dscrx100_bottomzoomDscrx100_microusb_2
底面には電池室兼メモリカードスロットとHDMI端子。この辺の配置はオーソドックスなコンデジですが、PENTAX Q のようなサイドスロット方式の方がなにかと便利で好みなんです…でもまぁRX100の場合は充電は側面のmicroUSB端子経由なので、Eye-Fiカード入れっ放しで使えばManfrottoポケット三脚付けっ放しに出来ますから良しとしましょう。

Rx100_q_topRx100_q_back_2 その PENTAX Q とはホントにディメンションが似通っています。
かたや1/2.3インチ素子のレンズ交換式ナノ一眼、かたや1インチ素子のコンデジと、生い立ちも性格もまるきり違うのですが、どちらもギュッと凝縮された機能美を感じさせてくれるところが不思議な共通点ですね。
背面液晶はQの46万ドットに対し、RX100は白画素を加えた123万ドットのTruBlackエキストラファイン液晶で流石の高精細高彩度です…が、ちょっと彩度高過ぎっすな(;´∀`)…炎天下での視認性は抜群ですが、背面液晶で見た時と後で画像取り込んだ時との印象に違いがあり過ぎるので、設定に明るさだけじゃなく色合い調整も欲しいところ。
ここ数日使っていて、他にもこの背面液晶には若干要望があったりもする(情報表示項目のカスタマイズがしたいとか、フラッグシップCyber-shotなら可動パネルにしてほしかったとか、欲を言えばキリがない)のですが、それでも数あるコンデジの中ではトップクラスの見易さなのは確かです。

とまぁ、以上のようにDSC-RX100は既存のコンデジの枠に囚われない、カメラ好きの所有欲を満たしてくれる相棒になる素質充分であることは間違いありません。
しかも肝心の写りに関しても個人的に今のところ満々足なワケでして、気軽な記録撮り用サブカメラのつもりが、ひょっとしたらメイン使いしても(キャプション入れなければバレないんじゃないくらいの)イイ奴だったりします。

Rx100_sample_28mm
DATA : Sony DSC-RX100 ( with Vario-Sonnar T* 1,8-4,9/10,4-37,1 )

1/1250sec. : F2 : ISO 125 : 10.4mm(FS.28mm)
: JPEG (Resize Only)



Rx100_sample_30mm
DATA : Sony DSC-RX100 ( with Vario-Sonnar T* 1,8-4,9/10,4-37,1 )

1/160sec. : F5.6 : ISO 125 : 11.3mm(FS.30mm)
: JPEG (Resize Only)



Rx100_sample_illust
DATA : Sony DSC-RX100 ( with Vario-Sonnar T* 1,8-4,9/10,4-37,1 )

1/100sec. : F5.6 : ISO 125 : 10.4mm(FS.28mm)
: JPEG (Illustration-like effect)

最後のイラスト風写真のようなピクチャーエフェクトも多才で使いこなしも愉しそうですし、まさに通勤鞄のお伴には最適な一台ですね。
これで暫くはコンデジ選びに悩まされることもなくなるでしょう(それはそれで嬉しいやら寂しいやら、ちょっと複雑な感情ですが)

|

« クロネコさんからお荷物着いた | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

コメント

こんにちは!
作例が素敵すぎです~。

投稿: daizo | 2012年6月20日 (水) 07時31分

daizoさん、コメントありがとうございます。
作例というほどのものじゃないのでハズカシイのですが・・・とりあえず今年は比較的たくさん紫陽花撮ることが出来ました。

投稿: yonhongi | 2012年6月23日 (土) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188876/55006761

この記事へのトラックバック一覧です: あらしのよるに…カメラいじり:

« クロネコさんからお荷物着いた | トップページ | 梅雨の晴れ間に »