« 緋色の季節 | トップページ | どんぐりと黒豆の背比べ »

2011年12月21日 (水)

寒い夜だから この日を待ちわびて

久々に都内へと繰り出しました。
場所は六本木。四本木が六本木リターンズですw

クリスマス直前ということもあり、街はどこも華やかですね。
春先にあんな大震災があったり原発事故に起因する節電の夏があったりと色々あった今年。確かにいまだ被災地での復興は道半ばではありますが、それでもこうして街の明かりを愉しむことができる日本という国の底力はやはり侮れないものがありますね。
それを不謹慎とか自粛というのは簡単ですが、人の営みに“明るさ”は必要不可欠ですから。
今回は個人的には今年最初で最後の忘年会に誘われての上京。折角の機会ですからそんな師走の街の雰囲気を楽しもうと、目的地からは二駅ほど先の表参道からそぞろ歩きしつつ街の明かりを撮影しつつ向かいました。

Prada_cube
『PRADA CUBE』
DATA : PENTAX Q / 03 FISH-EYE

1/5sec. : F5.6 : ISO 400 : 3.2mm(FS.17.5mm) :
Digital Filter [shade] : PENTAX Q Ver 1.01

地下鉄を降りた頃にはちょうど日も暮れてイルミネーションも点きはじめ…平年よりも気温が低く風も冷たかったのですが、それでもここ数年はこうして暖色系の照明が増えてきたせいかLED全盛の昨今でもそれほど視覚的寒さを感じなくて済むのは助かります。

乃木坂を過ぎて、東京ミッドタウンは恒例のクリスマスイルミネーションで華やかに彩られていました…このところ何気に毎年このシーズンには来ている場所なので覚悟はしていたのですが、それでもちょっと驚くほどの人出です(;´∀`)
中でも派手な事で有名な芝生広場のクリスマスイルミネーションはひとだかりが物凄くて、高い位置から見下ろせる場所へは結局近づけず(;´Д`) ・・・それでもなんとか一脚たてかけて動画撮れる場所を確保して撮影してきたのがコレ↓

『東京ミッドタウン クリスマスイルミネーション2011スターライトガーデン第二章「Birth」』
DATA : PENTAX Q / 01 STANDARD PRIME / FullHD Movie

今年のはストーリー性があってなかなか面白かったですねぇ。これなら無理してでも第一章もやってるうちに来ておけばよかった。。。


思いのほか時間をくってしまったので、そそくさと移動。次は六本木ヒルズ。

201166_2


左 『けやき坂イルミネーション』
DATA : FUJIFILM FinePix X100 ( with FUJINON 23mm F2.0 )

1/14sec. : F2.8 : ISO 400 : 23mm(FS.35mm) : RAW FILE CONVERTER EX


右 『66プラザツリー』
DATA : PENTAX Q / 03 FISH-EYE

1/15sec. : F5.6 : ISO 400 : 3.2mm(FS.17.5mm) :
Digital Filter [shade] : PENTAX Q Ver 1.01

こちらは人混みというほどではなく、時間さえあればもうちょっとじっくり撮影したかったのですが流石に身体も冷え切っていましたしメインイベントの時間が差し迫っていたので、駆け降りるようにけやき坂を下って、酒宴の地久高へ。
そこには既に忘年会のメンバーたちが揃っておりました。
いずれの方々も「自らを酒の器と規程している」方たちなので、ひとり下戸の自分はそれだけで若干場違いな気がしないではなかったのですが(;・∀・)気にしない(・ε・)キニシナイ!!
この久高というお店は和風創作野菜料理と前置きがあるくらいですから、呑まない自分でも充分愉しめるとふんで参加表明したわけですし…そして実際、存分に料理を愉しむ事ができました。

Photo_2 Photo_3 Photo_4
Photo_5 Photo_6 Photo_7
既にこちらのお店のマイスターであるというYASさんに注文は全てお任せして、自分は次から次へと出てくるお料理を満喫させてもらいました。でも折角なのでお酒もちょっとだけw とてもまろやかな喉ごしの白岳仙“仕込み水”だけでも充分酒呑んだ気分(爆)

Photo_8 Photo_9 Photo_10
実は「創作料理」ということでお上品な料理の懐石風なんじゃないかと若干身構えていたのですが、(普通は4種なんですが特別に!)8種のお通しにはじまって、蕪のベーコン巻にミートローフにコロッケに根菜煮に…と、実にやさしい雰囲気とお味の家庭料理が並んで嬉しかったですねぇ。

Photo_11 Photo_12
特に、じゃがいも・里芋・紫芋の三種のコロッケは、迷わず紫芋をチョイス。薄手の衣はカリカリと香ばしく中は程よく甘くて、更にはくるみ?が入っているなどまるでお菓子のような味わいに、甘党の自分は舌鼓打ちまくりでありました。

Psvita_side Photo_15
途中、なんか食べ物じゃないモノが混ざってますが…これも好物なのでw

最後のご飯ものは、炒飯をおこげにした「チャーハン煎餅」。
一見ピザ風ですが食してみればしっかりチャーハンで、しかも隠し味にしらすが使ってある?感じで、そのあたりが創作和風の由縁なのでしょう。
基本おこげ好きなのでこちらも満足満足w
他にもハッシュドポテトが出たり鶏唐揚げが出たりしていたのですが、この頃にはすっかり出来上がっていたwので写真はありません、あしからず。
どれもこれも美味しかったですよ〜。

Photo_16 〆はうどん!
鶏の出汁であることがその香りでわかるほど濃厚なつゆに、氷でしめたコシのある細目の麺がまたよく合うんです。
自分は基本そば党で、うどんはあったかいのに限ると常々思っているのですが、こうしてつけ麺風に食べるうどんも、つゆが活きているといいもんですねぇ。
だっぷりかかった胡麻も味を副えて、メンバー6人でぺろっと平らげてしまったうえにまさかの替え玉注文入りました〜。これにはマイスターもこのお店のマスターも(゚д゚)!ビックリだったご様子…普通呑み中心の人達だとこんなに食べないよねぇ(苦笑)

そんなこんなであっという間の3時間でした。
参加メンバーのみなさん、楽しい時間をありがとうございます。
そして久高のご主人&おかみさん、美味しいお料理をありがとうございました!!

Amber_lights
『amber lights』
DATA : PENTAX K-7 / smc PENTAX DA* 55mm F1.4 SDM
1/25sec. : F2 : ISO 400 & 1/250sec. F1.4 ISO 160 : 55mm(FS.82mm) : MultiExp. : PENTAX Digital Camera Utility 4.31.0

|

« 緋色の季節 | トップページ | どんぐりと黒豆の背比べ »

コメント

夜を満喫した様子が手にとるように分かりました。
よかったですね。

メリークリスマス!

投稿: Harry | 2011年12月24日 (土) 10時11分

Harry師匠、メリクリですっ!
とりあえず一日だけですが満喫することができました。
でも、来年こそはもうちょっと余裕のある年末を過ごしたいですねぇ(;´∀`)

投稿: yonhongi | 2011年12月25日 (日) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188876/53541895

この記事へのトラックバック一覧です: 寒い夜だから この日を待ちわびて:

« 緋色の季節 | トップページ | どんぐりと黒豆の背比べ »