« ダイヤルOOOO | トップページ | Proふぇっしょなる 〜 戯事の流儀 »

2011年8月30日 (火)

Q : ファーポイントでの遭遇

先月の半ば、モノフェローズ限定イベントでその誘惑に屈して(その壱その弐)から、この日が来るのをどれほど待ち焦がれていたことでしょう。。。

Pentax_q_box PENTAX Q / 01 STANDARD PRIME set 晴れてgetであります。
しかも発売日は8/31ですので、販売店が気を利かせて?期日指定配達にしたのを、わざわざ配達店までお迎えに行って、

フライングゲット 僕はひと足先に〜
キミの気持ち今すぐ手に入れようか〜♪

…とまぁ、まさにそんな気持ちで一日早く引き取ってまいりました。(;´∀`)
そんなわけで鼻息も荒く、まずは入手後レビュー第一弾は開梱・外観編「写真で見る PENTAX Q」でもやってみようかと思います。

Pentax_q_boxinner ケータイみたいな細長い箱の中身はこんな感じ(もちろん実際は緩衝材に包まれていましたが、流石にX100程の演出はありません)…充電器が巨大に見えてしまうほどにスケール感を狂わす本体の小ささ、この段階で既に充分理解できます。
USBケーブルとショルダーストラップは自分の場合使わないので袋のまま。
充電器の下に3.6V・1000mAhのこれまたケータイサイズの小さなバッテリーが入っていますので、早速を充電開始しておきます。
充電器は一般的な眼鏡アイレット式のACコードで繋ぐタイプ。個人的にはコンパクトカメラの充電器は(旅行などで持ち運ぶ事を考えると)コンセント直挿しタイプの方が好みなのですが。
出力は4.2V・600mA。バッテリーが小容量な分、フル充電は2時間程度で出来てしまいました。

Pentax_q_exmorr Pentax_q_01prime_face
ボディキャップを外すと、マウントの真ん中にこじんまりと1/2.3型裏面照射撮像素子が姿を現します(上写真左)。
この小さな素子が賛否両論なのはいわずもがなですし、体験イベントでメーカー担当者氏も言っていた通り喧々諤々の議論の末の選択であるのは確かですが、個人的には是非ここに正方マルチアスペクト対応の素子を組み込んで欲しかったですねぇ…次期モデルに期待w
素子とマウントの間の電子接点は10本。で、マウントは小径にもかかわらず6本ものビスでしっかりとマグネシウム合金のボディに結合されていて…ここがまず第一にグッときたポイントですね。
しかも本来なら少しでも軽量化したいところですが 01 STANDARD PRIME 側のマウントも金属で抜かりがありません。

レンズとボディを合体! (上写真右)
ちゃんとカシッという音とともに固定されるのがまたなんともいえず(・∀・)イイ!!ですね〜。付属のレンズキャップも他のPENTAX一眼に付いてくるのと同じタイプのツマミ式で、ミニチュアなのに精巧に作られたRGのガンプラみたいですw
イベントで見たトイレンズは被せ式の安価な樹脂キャップだったので、もしそれだったら何か他に手配しなければと思っていたところ、これは素直に嬉しいですね。

Pentax_q_battslot_2 Pentax_q_sdslot_2 Pentax_q_bottom_2
正面向かって右側面はバッテリースロット(上写真左)。
向かって左はSDカードスロット(上写真中央)。
そして底面にはHDMI端子とPC/AV端子がゴム蓋の下に隠れています(上写真右)。
極限まで小型化を突き詰めた為に生まれた、普通とちょっと違うこのレイアウトこそ、実は自分がQを購入する決め手になったといっても過言ではありません。
Pentzx_q_mp01c01 というのも、サイドに出し入れ頻繁なバッテリーやカードのスロットがあれば、底面の三脚穴の活用法がぐっと広がるから…たとえばポケット三脚などを付けっ放しで常用しても、このレイアウトならば充電時にわざわざ外す必要がなくなりますね(PC接続やHDMIのTV接続などはそれほど頻繁にするものではありませんし)

そんなわけで、今回のカメラ装備はこんな風にしてみました。
Pentax_q_fullequipped_2

  1. Manfrottoのポケット三脚 : MP1-C01
  2. Velbonのアクションレベルクロス
  3. Acruのカシェ・Type2ハンドストラップ(グリーン)
  4. VERTEXのアルミカラビナ : フラット5mm

実はAcruのストラップだけは納期が2週間ほどかかるということで、アイレット幅がほぼ同じはずのOLYMPUSのXZ-1用6mm幅で先行して今月初めに注文しておいたのですが、手元に届いたその当日、なんとQ用7mm幅が発表になったという(^_^;)
まぁ問題無く使えるから1mm程度の違いは構わないんですけどね。
水準器はK-7やX100にも内蔵されていますので、ないとなんとなく寂しいw
そしてやはり発表時のイメージ写真にあったキーホルダーにぶら下がったQの姿があまりにもインパクト強かったので、ハンドストラップと反対側には軽量なアルミカラビナを付けてみました。実際問題ハンドストラップは使用時には便利ですが、複数の機材を取っ換え引っ換えする場合には、やはりどこかに引っかけて持ち運ぶ術は必要かと。

・・・とまあ、これでひとまず撮影の準備は整いました。
生憎、引き取ってきたのが夕方だったので、ファーストライトは夜の自室にてありあわせのものをブツ撮り。

Pentax_q_sw20sample
DATA : PENTAX Q / 01 STANDARD PRIME
1/20sec. : F5.0 : ISO 800 : 8.5mm(FS.47mm) : RAW → JPEG in CAMERA

背景のトーンに粗さは見受けられますがカラーノイズは少なく、車体のマイカ塗装のラメ具合もきちんと質感表現できていますので、極小素子でもISO800でこれだけ写れば自分の用途には充分な感じです。
上の写真のモデルは1/43スケールのミニカーですので全長100mmほど。01 STANDARD PRIME の最短撮影距離ギリギリまで寄るとこのくらいですので、換算47mmという自然なパースも相まって、何気にブツ撮りには使えそうな予感がします。

以上、Qさま購入記念レビュー第一弾でした。

|

« ダイヤルOOOO | トップページ | Proふぇっしょなる 〜 戯事の流儀 »

コメント

初めまして、yonhongiさん。
ペンタックスQ を買って、色々設定等をいじりながら、触っている者なのですが、yonhongiさんのカラビナをつけたQ の写真を拝見し、装備の参考にさせていただきたいと思っています。そこで質問なのですが、カラビナとQ を繋げている短いストラップの様な物は、自作されたのでしょうか?もしくは、販売されている物なのでしょうか?是非教えていただけたら・・・と思います。リングを買って繋げようとも考えているのですが、「吊り環」に負担がかかり、また擦れてキズが付いてしまうのでは と考え、どうしたものかと悩んでおります。よろしくお願いします。

投稿: eiichi | 2012年12月18日 (火) 00時04分

eiichiさん、ようこそ!

Q仲間が増えて嬉しい限りです。
さて早速ご質問への回答ですが、カラビナとQボディは自作のパーツで繋げてあります。
自作…とはいえ、実はたいしたものではなくて、付属純正ストラップ先端の7mm幅アクリルテープ部分を5cm程切って吊り金具に通し、環状に接合部をライターで溶かしてくっつけただけだったりしますf^_^;
その際、コツというほどのものではありませんが、切断面がキレイすぎると溶かしてくっつけても強度が出ない場合があるので、ワザと毛羽立てて双方の繊維を絡ませてから炙った方が良いようです。
輪っかの部分が広がらないように、純正ストラップの長さ調節する樹脂リング入れたり糸で縫っておくと更にいいと思います。

以上、参考にしていただければ幸いです。

投稿: yonhongi | 2012年12月18日 (火) 01時11分

yonhongiさん、早速の回答ありがとうございます!
そうなんですね!あの小さなストラップは、自作された物だったんですね。純正ストラップを切って加工してあったとは、すごいです!!加工方法やコツまで詳しく記載していただき、ありがとうございました。気軽に持ち出せるQ の魅力を更に引き立てるカラビナの取り付け、是非やってみたいと思います!

投稿: eiichi | 2012年12月18日 (火) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188876/52609399

この記事へのトラックバック一覧です: Q : ファーポイントでの遭遇:

« ダイヤルOOOO | トップページ | Proふぇっしょなる 〜 戯事の流儀 »