« ないものねだりの子守唄 | トップページ | 柔よく剛を制す »

2009年9月23日 (水)

そ〜れそ〜れ鉄骨娘♪

Rinkaibrg_hamadashi
『臨海大橋 富津浜出し作業』

DATA : OLYMPUS E-30 & Leica D Vario-Elmarit 14-50mm F2.8-3.5 MEGA O.I.S. ASPH
1/250sec. : F6.3 : ISO 200 : 14mm(FS.28mm) : C-PL Filter : OLYMPUS Master 2.2

前回は写真的には残念な結果でしたので、はるばる富津まで見に行ってきましたよ!
台風14号の影響で再々延期されたことにより、休みと一致したのがラッキーでした。天候も今回はなかなかどうして、雲は多いものの青空に表情が出てこれまた良い条件になりました。

Rinkaibrg_hdr1 前回の轍を踏まぬよう、プレスでは13時からのところ11時には現地着。
すでにジグからトラス桁は吊り上げ済みで、台船も定位置にいて左写真(ソフトHDR処理)のような状態になっておりました。やっぱり早めに来て大正解でしたね。
見学場所は作業場のすぐ横で間近に眺められて大迫力ですし、陽射しも順光で撮影にも好条件が揃っていました。そのうえ自分が三脚すえた場所のすぐ横にウォッチの作業員さんが現れたので、無線から作業の進行具合を逐一漏れ聞くことができました…超ラッキーって感じでありますheart02

正午をまわったあたりで、その無線のやり取りがにわかに活発になり、いよいよトラス桁を台船に据え付けるための移動作業が開始されました。
前回と違ってその動きは目で見ても判るスピードでしたので、動画撮るのもアリだったのですが、いかんせんK-7にFA77mmでは近過ぎです(苦笑)…ということで、今回も台船上部での人の動きをアップで、15秒間隔のインターバル撮影したものを5倍速相当に編集。音声には先ほどの無線のやりとりをiPhoneのボイスレコーダーで録音したものを被せて、ちょっと臨場感を演出みましたよ(ですので音声と動画はリンクしていません、あしからず)

無線で「むさし」とか「かいしょう」って言っているのは、起重機船のことですね。
前回の架設作業とは逆順で、上の写真だと手前から順に「海翔」「第50吉田号」「武蔵」と列んでいます。その巨大な3隻を、こうして無線で息を合わせて動かしているんですね。
最後には台船(デッキパージと言うそうです)「オーシャンシール」側も少し動いて微調整していたのも、こうして見ると良くわかります。

K7_hdrenh こんな巨大な物体が頭上を移動していくというのは、いったいどんな感覚なのでしょうね。
左写真はK-7のHDR(誇張)モードで撮影。

DATA
PENTAX K-7 & FA77mm F1.8 Limited
1/1000sec. : F4 : ISO 100
77mm(FS.118mm) : C-PL Filter
HDR mode 2(Enhance)


近くに居た説明員さんに今回は色々と教えてもらいました。目新しい情報としては…

1)台船での移動速度は5ノット程度
2)トラス桁上には資材が既に乗っている
3)上部トラスは現地にて組み立て

といったあたり。
確かにトラス上にはすでにプレハブが組んであったりするのが見えます。
そもそも今回使用されている起重機船は日本でもトップ3なのですが、実は現地が羽田に近いこともあって航空制限のからみでフルに高さを使えないそうです。そこで現地で下部トラスを据え付けた後、その上の資材でクレーンを組み上げ、さらにそのクレーンを使って残りの上部トラスを組み上げるという方法を採るのだそう。
今回のように上部トラスも吊り上げるのかと思っていましたが、そうではないようでちょっと残念ではあります。
[追記] 詳しい工程はコチラで見られますね。それと、次の若洲側架設作業は28日に変わっていますので、行かれる予定の方はお気を付けを。

Rinkaibrg_jig_2 また、前回のトラスが有明鉄鋼埠頭で作っていたのに対し、今回のものは何故離れた富津ヤードだったのかを聞いてみたところ、単純に敷地確保の問題だったそうで…300m×60mの巨大な平面を長期に借りられる場所は、東京湾内だとその2箇所くらいしかなかったなどというお話も聞く事ができました。
埠頭の上には、トラス桁建造の際に使用したジグが、これまた異様な巨大さでまるで抜け殻のように横たわっていました(右写真)。
巡らされた足場と縦横無尽に設置された階段が、更に見た目の厳めしさ・刺々しさを増して撮影意欲をそそります。ファインダー越しに見るその姿に、自然とテンションも上がり気味にcoldsweats01
ズームで細部を見ると、マスドライバーかロケット発射台の建造風景のよう。

Jig_cte
DATA : PENTAX K-7 & smc PENTAX FA77mm F1.8 Limited
1/80sec. : F8 : ISO 200 : 77mm(FS.118mm) : C-PL Filter : PENTAX Digital Camera Utility
WB = CTE(Color Temperature Enhance)


さて、台船直上まできたトラス桁は、これからまた1時間くらいかけてゆっくり下げられるんでしょうが、このアングルばかりでもつまらないので一旦離脱。
まずは作業ヤード正面で記念写真…換算22mmでも収まりきりません(笑)
手前のクレーンだって充分に大きいんですが、この画像の中だと随分と華奢に見えてしまうのですから、人間の感覚ってあてにならないものですね。
逆サイドは立ち入り禁止なので、金網越しに撮影です。

Rinkaibrg_offtime Rinkaibrg_rightside

更に離れて、ようやく現場の全体像を捉える事ができました。
個人的には、映画「スター・トレック」冒頭のシーンで地上のドックで建造されるエンタープライズ号を想起させるほどの圧倒的スケール感で、ここでもちょっと感動w。

Rinkaibrg_front

Underthesky このあとも周辺を自転車で移動しては撮影の繰り返しで、あっという間に楽しい時間は過ぎていきました。
思いのほか陽射しが強くて帰宅後日焼けで肌がヒリヒリするほどでしたが、暑くも寒くもなく、撮影ポタリングには絶好の日和でしたね。
総撮影枚数180枚は、普段ショット数の少ない自分としてはかなり多い方で、やはりそれだけ興奮していたという事でしょう。
こうして改めて記事にしていても、あまり言葉が浮かんでこないのは、自分のボキャブラリー欠如は置いとく(笑)としても、まさに「筆舌に尽くし難い」存在感だったのだと思っていただければ幸いです。

いや〜、巨大建造物ってホント、イイもんですねぇ。

Photo
DATA : PENTAX K-7 & smc PENTAX FA77mm F1.8 Limited
1/800sec. : F4 : ISO 100 : 77mm(FS.118mm) : C-PL Filter : PENTAX Digital Camera Utility
WB = CTE(Color Temperature Enhance)


タグ :

|

« ないものねだりの子守唄 | トップページ | 柔よく剛を制す »

コメント

いやぁ~大迫力ですね! 写真でも十分に現場の空気が伝わってきますが、実際に目の当たりにした興奮は相当なものだったことでしょう。
工事関係者の裏話もとても興味深い内容でした。
オフタイムも大活躍だったようですね。絶好のアングルを求めて、結構な距離を走られたのではないでしょうか?

投稿: とも | 2009年9月25日 (金) 01時37分

ともさん、いらっしゃい。
>工事関係者の裏話もとても興味深い内容でした。
今回は、特にウォッチ担当の作業員のおにいちゃんが至近に居たのが、ほんとラッキーでしたね。
仕事中にもかかわらず、おば樣方の質問攻めにも律儀に答える好青年でした。
>オフタイムも大活躍だったようですね。
はい。積んでいって大正解でした。なんせヤード内だけでもン百m単位の長さでしたから。

投稿: yonhongi | 2009年9月25日 (金) 20時55分

いい距離から撮ってますね。
とても迫力のあるすばらしい写真で羨ましいです。
富津まで足を運んだ甲斐がありましたね!
明日,若洲に見に行けるといいなー。

ジグの足場写真はすごいですね。
あまりにも異形でそっちの方が見てみたいかも。(笑

鉄骨娘とは粋なタイトルですな。
いずれ血となる骨となる〜♬

投稿: wpo | 2009年9月25日 (金) 23時31分

wpoさん、いらっしゃいませ。
>いい距離から撮ってますね。
そう言っていただけると嬉しいです。
>ジグの足場写真はすごいですね。
>あまりにも異形でそっちの方が見てみたいかも。(笑
確かに…刺々しさ禍々しさがあるので、トラスやクレーンよりも迫力ありましたよ。

ところで、間違って今日若洲に行っちゃってませんかねぇ…あわてて本文中にも28日になっている旨を追記しましたが…はじめから入れておけば良かった。迂闊でしたね、スミマセン。

投稿: yonhongi | 2009年9月26日 (土) 11時45分

27日 玉掛け・試験吊り(荷重50%)
28日 架設

いい絵期待してますよ。

投稿: | 2009年9月26日 (土) 20時57分

名無しさん、いらっしゃいませ。
情報ありがとうございます。関係者の方?
前日に試験吊りなんてするんですね(6000tのデカブツだもの、当然か)。
>いい絵期待してますよ。
ありがとうございます…と言いたいところなのですが、実は28日の若洲は行けそうにありません 号(┳◇┳)泣
普段いい加減に仕事しているツケがまわってきたのと、月末近いので事務所に監禁状態の予定…とても抜け出せそうにありませんので、他の方の写真でも指をくわえながら鑑賞させていただきます。

投稿: yonhongi | 2009年9月27日 (日) 11時29分

若洲に行っちゃいました。汗
唯一の週末作業だったので期待してたのですが残念でした。
海翔号がゆらゆらと動く様を見れたのが救いです。

私も誰かの写真を期待してよーっと。

投稿: wpo | 2009年9月27日 (日) 21時45分

wpoさん、いらっしゃいませ。

>若洲に行っちゃいました。汗
あぁ、やっぱり行ってしまわれましたか…あわててメールもしてみたんですが、間に合いませんでしたか。本当に言葉足らずで申し訳ないm(_ _)m

でも26日は海上輸送があったとか。台船オーシャンシールに載っかった巨大トラス桁が静々と湾内を進む様は、それはそれで異様な光景だったんじゃないでしょうか。

>私も誰かの写真を期待してよーっと。
ですね。
自分が補足しているブログでは↓の方が毎回詳細にレポートしてくれていますので、期待しているところです。
http://512colors.blog120.fc2.com/

投稿: yonhongi | 2009年9月27日 (日) 21時57分

富津はうらやましいくらいローケーションがいいですね。

ジグの写真、大迫力ですばらしいです。トラスの骨太さとは対照的ですね。
有明のジグはだいぶ解体が進んでいました。

インターバル撮影でのムービーは撮影した画像を1枚1枚フレームに貼り付けて作成しているんですか?
自分も試してみたいのですが貼り付けるのが大変ではないかなと思っています。

若洲の架設、ご期待にそえるよう気合入れて見てきます。

投稿: R360 | 2009年9月27日 (日) 22時55分

R360さん、いらっしゃいませ。
勝手にブログ紹介↑しちゃってスミマセン。

>ジグの写真、大迫力ですばらしいです。トラスの骨太さとは対照的ですね。
ありがとうございます。
そうそう、ジグのほうが男っぽいですよね(笑)

>インターバル撮影でのムービーは撮影した画像を1枚1枚フレームに貼り付けて
>作成しているんですか?
いえいえ、そんな手間な事だったら横着な自分にはできません。
Macだと、iPhotoで連写分を一括して取り込んで、「ファイル」→「書き出し」→「QuickTime」でサイズと時間指定するだけで、一発なんです。
あとは適当にタイトルと音声被せただけなので、ものの5分で出来てしまう手抜き編集です(笑)

>若洲の架設、ご期待にそえるよう気合入れて見てきます。
よろしくお願いします m(_ _)m

投稿: yonhongi | 2009年9月28日 (月) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188876/46298517

この記事へのトラックバック一覧です: そ〜れそ〜れ鉄骨娘♪:

» [土木][橋]東京港臨海大橋リンク集 [Yasublog]
東京港臨海大橋のトラス地組、浜出し、架設までをまとめてみました。超大型クレーン3隻が東京湾を駆け抜けた2009年の夏でしたね。 あ、そうそう。今日9月30日は「クレーンの日」です。Y田くんに教えてもらいました。 社団法人日本クレーン協会サイト 会社は上半期の最終日で... [続きを読む]

受信: 2009年9月30日 (水) 22時58分

« ないものねだりの子守唄 | トップページ | 柔よく剛を制す »