« “鉄塔”徹尾 | トップページ | 「ぴかぴか」ってそっと唱える♪ »

2009年9月15日 (火)

横「鉄骨番長」

連日“鉄”成分過多のエントリーで申し訳ないですぅ(笑)
自分を含む一部マニア向けの内容ですので、それ以外の方はスルーしといてくださいね。

Rinkai01
ということで、延期に次ぐ延期に予定立てられずにいたのですが、我慢して仕事していても気になってしまって居ても立ってもいられないので、無理矢理時間工面して行ってきましたよ、

臨海大橋(中央防波堤側)架設工事の一般公開

生憎の空模様で午前中は雨…午後も雨はやんだものの空は鈍色で、臨海地域故に元々空気中の水蒸気量が多いのがさらに湿気っていて見通しが悪い上に、陽射しが弱くて暗いので望遠撮影にはとことん向かない条件でした。そんなわけで冴えない写真が多いのですがご勘弁下さい。
キリッとした写真はプレス関係者の方々が船から近距離で写した迫力のあるものを、コチラなどでどうぞ。


より大きな地図で 臨海大橋架設(中央防波堤側)工事 を表示

場所はこの辺 ↑
Rinkaibrg_plan かつて13号埋め立て地と呼ばれていた場所は、今現在「お台場」地区として大変賑やかな場所になっているわけですが、今回の現場はそのさらに先、東京湾に張り出した「中央防波堤」という場所の辺り。
ココは今現在埋め立て地として利用されていて、今回のこの臨海大橋はその中央防波堤を通って「新木場⇔平和島」ルートを開通させることによって、繁華街となったお台場地区の混雑を緩和するのがひとつの目的だとか。
確かに、現在は首都高湾岸線に乗らないと東京港トンネルを潜ることができないので、一般道である国道357号線は迂回を余儀なくされるので、どうしたってそこがボトルネックになってしまいますもんね。

で、航路を跨ぐ形で架けられる橋がこの臨海大橋なワケですが、今日は有明にある鉄鋼埠頭で作られた橋桁を架ける作業。これがダイナミックなのですわ。
トラス構造の橋桁部分は4分割されていて、そのひとつがなんと6000トン!! それだけで東京タワーの1.5倍あるそうです。
そんな巨大で重いモノ簡単には運べません…使われるクレーン船も超弩級の4000トンクラスの起重機船を更に3台連ねての大仕事なんだそうで、こりゃ見ておかねばと思ったのは、巨大建造物マニアとしては至極当然の事。

Rinkai_wide Rinkai_zoom

12:30〜の一般公開ということで現地に正午ごろ着いてみれば、なんと既に橋桁はほぼ定位置に在りました…あぁ、こんなことなら朝早くから来ておくんだったorz。
観察場所は対岸の若洲なので現場までは1km以上あるのですが、その巨大さゆえ3台のクレーン船と橋桁の様子は肉眼でも結構よくわかります。
それでも到着した時点で肉眼では殆どタッチダウンしているかと思われた橋桁は、望遠レンズを通してよくよく見てみると、橋脚まではあと数mといったところで宙吊り状態でした。
あまりに巨大なので写真では全くスケール感が伝えられないのが歯痒いのですが、取材のヘリと大きさを比べると上写真右のような感じ…これ、遠近感めちゃくちゃなんですが、ヘリの方が手前だったりします (^_^;)

ただ見ていても動きは全く判らない程ゆっくり下げているので、急遽思い立って微速度撮影の真似事をしてみました。



K-7をインターバール撮影モードで2分間隔に設定して三脚固定。あとはひたすらそのまま自動撮影で2時間粘って撮った画像を約1分の微速度撮影動画に編集してみましたよ。
まずは手前側が、そして最後に奥がタッチダウン。小さいので判りにくいかもしれませんが、橋脚と橋桁の接点付近でうごめいているゴマ粒みたいのが作業員さんたちです(爆)
あと2〜3mくらいのところを2時間以上かけて、ゆっくりゆっくり下げていったんですね…道理で現場じゃ動きが判らないはずです(苦笑)。
一般公開という名目だったので、もうちょっと現場で技術的な解説とか移動カメラの映像とかあるのかと期待していたのですが、残念ながら簡単なテントを設えて概要説明のチラシと団扇を配っているだけでしたので、大人の社会科見学としては若干物足りない感じがしてしまいました…が、まぁ悪条件なりにも状況が把握出来る映像が収穫することができたので良しとしましょう。

Photo 工事自体はこの後、富津での浜出し作業や若洲側の架設作業が一般公開されるので、ホントはそちらの方がより近くから観察出来るんでしょうが…果たして自分は行く時間が作れるのでしょうか。

見学帰りに若洲公園のノラくんたちと戯れながら、お仕事を如何に サボる 効率よく処理しようか悩むyonhongiなのでした。

『若洲猫思案中』
DATA
OLYMPUS E-30 & Zuiko Digital 11-22mm F2.8-3.5
1/100sec. : F8 : ISO 200 : 11mm(FS.22mm)
Art-Filter“Toy-photo” : OLYMPUS Master 2.2


タグ :

|

« “鉄塔”徹尾 | トップページ | 「ぴかぴか」ってそっと唱える♪ »

コメント

おお、素晴らしい!
近代土木の技術を感じますね。
ここって、岡本綾子のリンクスかなにかがあるところでしたよね。
横浜に行くのがスムーズになりそうですね。

投稿: rikoaiぱぱ | 2009年9月16日 (水) 21時59分

前回お会いした時のお話で興味を持っていました。
天気が残念でしたが迫力ですね!!
露出の変化が時間の経過を物語っていますね。

投稿: 工場長 | 2009年9月16日 (水) 23時34分

「鉄骨」いいですね!
是非ともシリーズ化を希望します(^^)
貴重な工事風景をご覧になられましたね。動画も拝見しましたが、随分とゆっくりとした作業なんですねぇ~

投稿: とも | 2009年9月17日 (木) 00時16分

男前の番長ですね〜。
巨大サルベージ船が3隻もかかって吊り上げるとは
想像してるよりでかそうです。
微速度撮影動画楽しませていただきました。
ほんとゆっくりなんですね。

投稿: wpo | 2009年9月17日 (木) 00時26分

流石、男の子たちの食いつきがよろしい(爆)

rikoaiぱばさん、いらっしゃい。
>ここって、岡本綾子のリンクスかなにかがあるところでしたよね。
若洲ゴルフリンクスってのが公園の反対側にありましたが、そこの監修をしたらしいですね。
>横浜に行くのがスムーズになりそうですね。
欲を言えば、浦安の辺りまで伸びてくれると、千葉県人としては便利で助かるのですが。

工場長さん、ども。
>露出の変化が時間の経過を物語っていますね。
最初に露出測って、全体に白っぽいのでマニュアルで少し+にしといたんですが、2時間の間に雲の切れ間から陽が差すことが何度かあって、少々オーバー気味になってしまいました。
なので動画編集段階で大幅に明るさ・コントラストを弄っております。

ともさん、まいど。
>是非ともシリーズ化を希望します(^^)
シリーズ化ですか(汗)…カテゴリーをこれ以上増やすと、一体何のブログになってしまうやら。

投稿: yonhongi | 2009年9月17日 (木) 17時58分

wpoさん、いらっしゃいませ。

>男前の番長ですね〜。
大橋JCTの800トンクレーンも男前でしたが、こちらはもはや怪物級でした。
1km離れてあの迫力ですから、現場で間近にしたら世界観変わってしまうと思われます。
>微速度撮影動画楽しませていただきました。
wpoさんにそう言っていただけると、2時間頑張った甲斐があるというものです。

いつも「大人の社会科見学」の情報をありがとうございます。

投稿: yonhongi | 2009年9月17日 (木) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188876/46226133

この記事へのトラックバック一覧です: 横「鉄骨番長」:

« “鉄塔”徹尾 | トップページ | 「ぴかぴか」ってそっと唱える♪ »