« エンドレス・セブン | トップページ | ザ・リング »

2009年7月 9日 (木)

雨上がりの散歩道

Photo_2 『道草』
DATA : OLYMPUS E-30 & Zuiko Digital 11-22mm F2.8-3.5
1/25sec. : F8 : ISO 800 : 18mm(FS.36mm) : OLYMPUS Master 2.2
[ After Effect ART-Filter“ TOY Photo ”]

E-P1の発売に合わせて、OLYMPUSデジカメ付属のRAW現像ソフト「OLYMPUS Master」が2.2にバージョンアップして、アートフィルターの後掛けが出来るようになりました(E-P1/E-620/E-30の当該機能搭載機に限られるというのがケチ臭いですが)。
先日散歩中に出会ったこの仔たちの写真は曇天下で気軽なスナップなので、そのままではちょっと…と思っていましたが、こうして後からトイフォト風にしてみると、コレはコレでありかなとも思ったり。
今までのようにその場でアートフィルター選択するかどうか悩むというのも、一発必写という意味ではありだったのですが、ボディ内適用はやはり時間が掛かるので、後掛け出来るとなれば撮影テンポも崩さずに済みますし…やはりこういった処理は素直にソフトに任せておく方が無難な気がしますね。

[思い立って、追記] アートフィルター後処理できるってことは、よく考えたら全部のパターンを試してみて一番雰囲気の合う処理が選べるってことなんですよね。
なので、試しに他のパターンでも現像して並べてみました(下写真)。
さて、あなたはどれが好みですか?

「オリジナル」   「ファンタジックフォーカス」   「デイドリーム」
Michikusa_artfilter
「ライトトーン」    「ポップアート」    「ラフモノクローム」

タグ :

|

« エンドレス・セブン | トップページ | ザ・リング »

コメント

ぬこ目線でのショット、相変わらずお見事です!
yonhongiさんに対し、ぬこちゃん達はいつもリラックスした姿を見せてくれますね(^^)

投稿: とも | 2009年7月11日 (土) 00時30分

>ぬこちゃん達はいつもリラックスした姿を見せてくれますね(^^)
ここの仔たちは皆、人懐っこかったですね〜。実は写真に写っていないもう一匹が、自分の足にまとわりついています…(^_^;) → ともさん

ところで最近、ぬこぬこ動画を撮ってみたくて、ウズウズしています。
E-30には動画撮影機能ないのでE-P1のソレに期待していたのですが、アートフィルターかけての動画はフレームレートが極端に落ちてしまうので却下。
K-7も一応1280×720で30fps記録対応で、これまた一応一部のデジタルフィルーもかけられるという噂なので、ちょっと期待してたりします。

投稿: yonhongi | 2009年7月11日 (土) 16時13分

オリジナル。

投稿: Harry | 2009年7月12日 (日) 22時27分

アートフィルターは指をくわえているしかないE-3ですが・・。w
>一発必写という意味ではあり・・・
同感です、後処理とは微妙にテンションが異なるような気もしますね。。

たとえばアートフィルターで撮ってRAWも同時記録できるのでしょうか?

投稿: 工場長 | 2009年7月14日 (火) 14時55分

>オリジナル。
こ、これは…元画が上手いんだから小賢しい事すんな!と褒めてもらったという風に受け取っておいていい…ですよね? → Harry師匠

投稿: yonhongi | 2009年7月14日 (火) 15時12分

>アートフィルターは指をくわえているしかないE-3ですが・・。w
ここにきてまたE-3nとか次期E-Xの噂が出てきていますが、一桁機にアートフィルターなんぞ載っけてきたら、本気でオリンパスに抗議したいと思います(笑)

>後処理とは微妙にテンションが異なるような気もしますね。。
撮る人間もですが、事実ボディの露出傾向が変わりますね。
ボディ内アートフィルターのトイフォトは、絞り開け気味でちょいアンダー目ですから、今回オリマスで後掛けする時には気持ちマイナス補正しています。
>たとえばアートフィルターで撮ってRAWも同時記録できるのでしょうか?
出来ますよ。なので上に書いた通り、一発撮りと後掛け現像の露出傾向の違いを比べる事も出来るのです。
で、結論として、自分としては今後アートフィルター使う時は後掛けメインにすると思います。多少なりとも現像時に効き具合を調整できるので。
ボディ内アートフィルターはペンタ並みに種類を増やしてやれば、E-P1やE-4xxのようなカメラにこそ似合うと再認識した次第であります。

投稿: yonhongi | 2009年7月14日 (火) 15時24分

( ^ω^ )久しぶりに のぞいたら 猫の写真増えてますね

自分は室内飼いの猫カフェの猫の写真が1000枚越えました
そろそろ 整理しないと...

投稿: づめちゃん | 2009年7月16日 (木) 11時23分

それぞれを単体で見た時には、どんなストーリーを想像するかによってどれも味わいのある写真だと思うのですが、こうして並べてあるとやはりオリジナルに目がいってしまうようです(^^)

投稿: とも | 2009年7月17日 (金) 01時07分

>自分は室内飼いの猫カフェの猫の写真が1000枚越えました
猫カフェ通い過ぎ(笑) → づめちゃん

>こうして並べてあるとやはりオリジナルに目がいってしまうようです(^^)
あはは。
「デイドリーム」「ライトトーン」「ポップアート」は、世代間ギャップが大きいようです。ウチ等世代だとちょっと受け入れ難い描写ですが、バイトの女子に聞いたら迷わず「デイドリーム」選びましたから。
ZDレンズの特性か、オリジナルはちょっと遊びが少ないというか、カッチリ写り過ぎていて、心無しか猫の顔が怖いかななんて…。

投稿: yonhongi | 2009年7月18日 (土) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188876/45590647

この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりの散歩道:

« エンドレス・セブン | トップページ | ザ・リング »