« セルフ・サンタ | トップページ | D.D.が消えぬ間に »

2008年12月21日 (日)

ためして買ってン!?

Sprayviola_2 『spray-viola』
DATA : OLYMPUS E-30 & SIGMA APO MACRO 150mm F2.8  EX DG  HSM
1/80sec. : F11 : ISO 100 : 150mm(FS.300mm) : Jpeg(NATURAL) : ReSize ONYL

天気は上々!! 撮影には絶好の小春日和で、「こんな昼にオマエで撮れないなんて〜♪(忌野清志郎風)」考えるだけでも罪ですから、連休にしちゃいました(嘘…ちゃんと事前に公休組み込み済みです)。
超ご機嫌でE-30引っ提げて、ご近所試し撮り散歩へいざ出発。
といっても何の変哲も無い冬の住宅地ですから、被写体探しは難航が予想されましたので、まずは庭に咲いていたビオラでファーストショット。
参考の為に、今回はあえて全てJpeg撮って出しのリサイズのみです。

素直な感想…フツーに良いですね(爆)
心配していた屋外直射日光下のライブビュー液晶表示も思いのほか見易く、軽快に撮影出来ます。
少々リレーズが軽いような気がします(現に始めのうちは意図せず半押し→シャッターを切ってしまうことも…)し、シャッター音も(バタシャっというような)軽くて安っぽいのですが、まぁこれは慣れの問題で時間が解決してくれるでしょう。

出てきた画像の満足度は高いですね。公式サンプルの時から気になっていたノイジーさは感じず、高画素化の弊害は気にせずとも良いくらいにチューニングされている様子で、キリッと締まった絵作りはなかなか好感が持てます。
上の画像は特に弄らずに、ISO100だけ設定して絞り優先で写したものですが、画質設定NATURALでも結構色乗りの良い感じがして、なんとなく今までOLYMPUS機に持っていた印象とは違う気がしますが、おそらくこれが最近のトレンドなのでしょう。ホントは原寸無加工のものをアップして検討して頂きたいところですが、なにぶんココログの1MB規制のせいで、1280×960pixelが目一杯なのが残念です。

Toyphoto_test
DATA : OLYMPUS E-30 & SIGMA APO MACRO 150mm F2.8  EX DG  HSM
1/500sec. : F4 : ISO 200 : 150mm(FS.300mm) : ART Filter“Toy Photo” : ReSize ONYL

課題のアートフィルターですが…こりゃ使いどころが難しいですわ〜(;´▽`)

Roughmonochrome_test DATA : OLYMPUS E-30 & ZUIKO-Digital 11-22mm F2.8-3.5
1/100sec. : F5 : ISO 200 : 22mm(FS.44mm)
ART Filter“Rough-monochrome” : ReSize ONYL

なんつっても、効果の予測がつきにくい…それが為のライブビューなんでしょうが、まずもって頭の中であたりを付けてから撮るという今までの撮影スタンスだと、全くと言っていいほど面白みの無い絵になっちゃいますね、コレ。
どちらかというと、「今日はトイフォト!」とか「気分はデイドリームdown」といった具合に片っ端から撮りまくって雰囲気が良いのを選ぶ的な、ストリートビュー方式の方がしっくりくるような気がします。
つまりそういう撮り方ができる人にはとても有用だとは思うのですが…自分みたいに理屈っぽい人間には向かない機能かもしれませんね coldsweats01
事前に危惧していた通り、プログラムシフトと露出補正しか調整パラメーターが無いことが自分にとっては致命的で、その点に変更がされない限りは常用は難しそうな気がしました。渋好みにはツライっす。
だいたい自分には効果がどれもキツ過ぎるんですよね。これも最近の流行の絵作りと言われてしまえばそれまでで、三十路後半の人には無理と言われているようなものなのかもしれませんが。
E=4xxに載ってくれば(当然いずれ載るでしょうが)、また評価は変わってくるんですけどね。

いずれにしろ撮れる画像の素性の良さは確認出来ました。
さぁ次は、OLYPUS MASTER のインストールしてRAWいじりしてみよっと。

Photo
『木守柿』

DATA : OLYMPUS E-30 & ZUIKO-Digital 11-22mm F2.8-3.5
1/30sec. : F11 : ISO 200 : 22mm(FS.44mm) : Built-in Flash ON : C-PL Filter : ReSize ONYL


タグ :

|

« セルフ・サンタ | トップページ | D.D.が消えぬ間に »

コメント

初っ端から手馴れた風な、そのままカタログのサンプルにも使えそうなショットですね!
さすがはyonhongiさん、早速使いこなされているように見受けられます。自分は意図した通りに撮れたためし無いもんなぁ…(*_*)

投稿: とも | 2008年12月22日 (月) 01時05分

先日から♪クリスマスキャロルがぁ~♪と歌い続けていましたが、
今日から♪忌野清志郎さんも+されちゃいそうです。
師匠は何を撮ってもアートになりますね、
柿が残っているのを母が「もったいない」と言うのですが、
『木守柿』っていうんですね、由来などを調べてしまいました。

投稿: 真野○江 | 2008年12月22日 (月) 10時30分

>早速使いこなされているように見受けられます。
実際、案外とっつきやすい感じがします → ともさん
それでいてカスタマイズ項目も多めで、なにかとコダワリの多いタイプにも寛容な機体です。
ただ、そのカスタマイズ設定のメニュー階層構造については、まだまだ野暮ったい部類ですけどね。DP1に通じるような手作り感溢れるUIです(笑)

>先日から♪クリスマスキャロルがぁ~♪と歌い続けていましたが、
>今日から♪忌野清志郎さんも+されちゃいそうです。
この時期、自分の頭の中では他にも色々流れてますよ〜 → ○江さん
『ダイヤモンドダストが消えぬ間に』とか『DEPARTURES』とか。
どれも別れ唄なのが、なんですがdown
>『木守柿』っていうんですね、由来などを調べてしまいました。
木守柿というには、ちょっと数が多過ぎな気はしますが、ね。


投稿: yonhongi | 2008年12月22日 (月) 15時30分

ご無沙汰しております。
ついに購入されたんですね!
E-3から確実に進化している様子もyonhongiさんの各レビューから確認できました。
しかし・・
>素直な感想…フツーに良いですね(爆)
じゃじゃ馬好みのyonhongiさんにはチョッと物足りなそうですね?笑
所有欲や物欲と言うより、お仕事カメラとして確実に仕事をこなす道具・・・ですかね?
まぁE-3も含めてですけど。笑
わたくしの方は今年の後半は妙に自転車な年になってしまい肝心のE-3の活躍の場がありませんでした。反省^^;
来年はもう少し写しに行きたいと思っています。

投稿: @工場長 | 2008年12月25日 (木) 14時12分

>じゃじゃ馬好みのyonhongiさんにはチョッと物足りなそうですね?笑
あはは、見抜かれてる…。流石は工場長様。
なんというかキチンと作ってあるのは伝わってくるんですが、イマイチ心躍らないと言うか…
また使い込んでいくと変わってくるのかも知れません。
スルメかっ!

投稿: yonhongi | 2008年12月26日 (金) 18時59分

素敵なクリスマスを過ごされましたか?
今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。

投稿: Harry | 2008年12月26日 (金) 22時31分

>素敵なクリスマスを過ごされましたか?
クリスマス前後のエントリーが無かったことで、察してください(謎爆) → Harry師匠

今年はお会いするという念願も果たせたことですし、来年も仲良くしてくださいませ m(_ _)m

投稿: yonhongi | 2008年12月27日 (土) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188876/43487728

この記事へのトラックバック一覧です: ためして買ってン!?:

« セルフ・サンタ | トップページ | D.D.が消えぬ間に »