« 鍋の恋しい季節 | トップページ | 蒼い時代のことやから »

2008年11月19日 (水)

横浜黄昏

Yokohama
『YOKOHAMA展望』

DATA : Panasonic DMC-L1 & ZUIKO Digital 11-22mm F2.8-3.5
1/250sec. : F5.6 : ISO 100 : 11mm(FS.22mm) : C-PL Filter : SILKYPIX DS3.0

一気に寒くなりましたね。
寒気団来襲で関東地方は見事に晴れ渡って、正直仕事どころじゃない気分なんですが…紅葉撮影行きたいよぉ。
ここ2〜3日音信不通だったのはなにげに忙しかったからなんですが、そんな合間に遠出は出来なくても近場で撮影散歩でもと思い立ち、寒気団が来る直前の18日はフォトポタ最後のチャンスとばかり、我が第2の心の故郷である横浜まで、クラごんにえびちゃんオフタイム積んで行ってきました。

会社の関連施設にある駐車場にクラごんを停めて、折りたたみ自転車組み立てて、いざ山手へ。
山下公園に近い側の谷戸坂は、山手の尾根線に登る坂の中では比較的緩やかな方ですが、それでも普通の自転車だったら結構辛いところ、電チャリの本領発揮で一気に港の見える丘公園まで登りきります。
そこからの港の眺めは有名ですが、今回はスルー。
実は冒頭の横浜一望は、そこよりもずっと内陸側の山手尾根筋の西の方にある、唐沢公園というところからの眺めです。自分はこちらからの眺めの方が好きなんです。

元町公園の銀杏はまだ黄色く揃う前に葉が枯れて散りはじめてしまっていて、あまり綺麗じゃなかったのが残念…エリスマン邸の辺りで一休みしていたら、風が吹いたとたんに銀杏の実が沢山落ちてきて、痛い思いをしたのは内緒です。

Photo
汐汲坂上のフェリスでカワイイ娘でもいたらムニャムニャとか思っていたのに、時間帯が悪いらしく、道を通るのは観光のおば樣方と、近くの幼稚園のお迎えのお母様方ばかりなり…さすがに幼女にいきなり望遠レンズ向けるのは、このご時世いかがなものかと思われるので、ここでは定番の山手カトリック教会のみ撮影して通り過ぎました。

そこから山手の尾根筋を抜けて、ふらふらと登ったり降りたりしていたら、いつの間にか米軍住宅のあたり(阪東橋の上の方)まで来てしまいました。
こっから先は自分のテリトリー外なので、迷子にならないうちに一旦山を下りて元町の辺りまで戻ります。

Offtime そこから中華街に入って、これまたお決まりの関帝廟で記念撮影。
実はこの記念写真が撮りたかったからわざわざ来たと言う噂も…。

豚まんの誘惑を振り切って、そのまま山下公園へ。公園前の通りの銀杏並木も七割がた色づいているのですが、やはり通りの西側と東側では色づきのバラツキがあって綺麗とまでは言えない感じが残念ですね。
それより銀杏特有のニオイがちょっとキツいです…ので、早々に走り抜けて、大桟橋に向かいます。

「くじらのせなか」と呼ばれる巨大なウッドデッキからの夕景色が好きなんですよねぇ。

Photo_2
『たそがれみなとみらい』

DATA : Panasonic DMC-L1 & Leica D Vario-ELMARIT 14-50mm F2.8-3.5
1/50sec. : F5.6 : ISO 200 : 44mm(FS.88mm) : SILKYPIX DS3.0


Photo_3
『赤煉瓦夕焼富士』

DATA : Panasonic DMC-L1 & SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM
1/15sec. : F5.0 : ISO 400 : 150mm(FS.300mm) : SILKYPIX DS3.0


Asuka_ii_mm21
日本船籍最大の客船である「飛鳥II」が入港していて、午後5時丁度、耳をつんざく汽笛とともに今マサに出港というところ。

気がつくと日中汗ばむ程の気温だったはずが、すっかり冷え込んでいます。
軽装だったのでココで切り上げて、風邪をひかないうちに帰ることに。
仕事の合間を見ての駆け足ポタでしたが、撮影欲求はそこそこ満たされたので良しとしましょう。

|

« 鍋の恋しい季節 | トップページ | 蒼い時代のことやから »

コメント

やっぱ折りたたみ自転車いいなぁ。
ひょい。っと行きたいところまで車で運んで、ウロウロできますね。


> 汐汲坂上のフェリスでカワイイ娘でもいたらムニャムニャとか思っていたのに、
え?中学生?高校生??

> 近くの幼稚園のお迎えのお母様方ばかりなり…さすがに幼女にいきなり望遠レンズ向けるのは、
> このご時世いかがなものかと思われるので
そのお母様方の方が(以下、自粛)

投稿: rikoaiぱぱ | 2008年11月24日 (月) 00時24分

>え?中学生?高校生??
えっと…いちおう高校生ってことにしておきましょう…じゃないと犯罪ブログとか言われかねないので。
大学の音楽科も山手にあるはずなので、楽器でも持ってるおねいさんがいれば、その辺が一番なんですが(なにがだよ→自分)。
>そのお母様方の方が(以下、自粛)
い、いきなりそちらは少々ハードルが高いような(爆)

と、とにかく折りたたみ自転車はいいですよ〜というお話でした。
~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

投稿: yonhongi | 2008年11月24日 (月) 11時15分

こんばんは(^^)
しょっぱなから気持ちの良い景色が飛び込んできました(何気に鳥が写っているし)
広角が生きていますね。
一方の夜景も、富士山や船が他の建造物と共に上手くフレームにおさめられて、相変わらずのセンスに脱帽です!
教会は絵画的ですし、中華街とオフタイムの構図も面白いですね。私もこのような写真が撮れるようになりたいです。
また、撮影スポットの開拓にもご苦労されていることも見て取れます。きっと、オフタイムが大活躍なのでしょうね!

投稿: とも | 2008年11月24日 (月) 19時50分

>何気に鳥が写っているし
カラスかと思ったら、実はトビだったという。
なにげに山手は自然豊かなんですよね。

富士山はタイミング良く見えましたが、今回は三脚を持って行かなかったので、手持ち150mmの夕景色はちと厳しかったですね。構図がビミョーに傾いてるし…赤煉瓦倉庫の後ろのビル、邪魔だなぁ(爆)
高感度特性に不利なフォーサーズですが、仕方ないのでISO400まで上げて撮りました…ので、あんまり拡大して見ないでくださいね (^-^;

投稿: yonhongi | 2008年11月25日 (火) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188876/43175301

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜黄昏:

« 鍋の恋しい季節 | トップページ | 蒼い時代のことやから »