« さよならサヨナラ左様なら | トップページ | 白い恋人がやってくる »

2008年11月30日 (日)

NEW FACE

Photo_3 『公園の新顔』
DATA : Canon PowerShot G7
1/500sec. : F6.3 : ISO 100 : 7.4mm(FS.35mm) : built-in Flash ON: GraphicConverter 4.52

巷では昨日発売の EOS 5D Mark II を手に入れた方々の写真が出回りはじめています。
折しも今週末は天候にも恵まれて紅葉の盛りでもあり、皆さんが溜息が出るクオリティーの写真を惜しげも無くアップされているのを見かけるにつけ、仕事おっ放り出してしまいたい衝動に悩まされ続けているyonhongiです。
常々フルサイズは(自分には)要らないとか(自分には)大き過ぎるとか、悔し紛れのイイワケをほざいてはいますが、流石フルサイズ2100万画素の解像感は伊達じゃないなと感じされるだけのものを持っていますね。
心配されていた周辺部光量の減少も補正機能をそつなく搭載して、従来弱点とされる部分は確実に潰されているようですし、レンズ交換式一眼で動画撮影という新しいジャンルへの挑戦も含めて、元祖フルサイズ入門機が基本設計を煮詰めてきた意義はとても大きいと言えましょう。
SONYのα900NikonのD700といったブランニューのライバル達と、三つ巴の競争を繰り広げられるだけの力を与えられて、もはや「出し惜しみのキヤノン」などとは言わせないぞという気迫が感じられる出来だと言って良いと思います。
自分では買わない(買えない)と分っていても、なかなかワクワクするプロダクトですね。

翻って…フォーサーズ待望の機種であるE-30は発売まであとひと月を切って、ようやく公式サンプル画像スペシャルサイトが公開されました。

一言で感想を述べさせて頂くと…なんか、やっつけだなぁと。

プレスリリースで言っていた「防滴防塵に代わる新機能」が「アートフィルター」だと判明した時点から薄々感じてはいたことですが、ここまで「アートフィルター」を全面に押し出したマーケティングされると、正直ハイアマの人達はひくんじゃないでしょうか?
カメラ発売前の公式サンプル画像って、マニアにとってはイヤでも注目せざるを得ないものなのですが、8枚中6枚がその特殊効果を施されたものでは、全くその商品の素性というか特性というものが判然としないですし、冒頭の素の2枚もわざとやっているんじゃないかと思える程ノイジーな画像で、正直魅力の「み」の字も演じられません。
おそらくどこかヨーロッパの田舎町でロケしたのでしょうが、仮に個人的に写真作品として嫌いじゃない表現だとしても、こうも好き嫌いが出やすいようなモノを作例に取り上げて公式サンプルとして公開するOLYMPUSの姿勢には、疑念を抱かざるをえません。
っていうか、全部ISO200なのは空気読めなさ過ぎでしょオリさん。

せめてもう2〜3枚、スタジオ撮影のモデルさんとか高解像度の静物とか、見栄えのするモノを何のフィルターも掛けない素の状態で提供するようにしなければ、趣味性の高いカメラなんてモノは売れるものも売れなくなってしまいますよ。

Filtertest_2 とまぁ、言いたい放題文句付けるのも、個人的に期待しているからに他ならない訳で。
アートフィルターだって面白い機能だと思いますし、ラフモノクロームの荒れた感じやライトトーンなんか大好きな自分ですから、それが手軽に使えるというのは悪いことじゃないとは思うのです。
現に右の写真のように、画像処理でノイズ乗っけて硬い荒れた調子に作る(試しにG7で撮影したものをGIMPで粗い粒子のセピア調に加工してみました)のは、それなりに手間がかかることではあるのですが、その手間を厭わない層が本来のターゲットであるべきハイアマ機で、「簡単便利」をウリにしちゃ逆効果ってもんです。
いずれにしろ、世界経済が厳しいこの時代に未だこんなチグハグのマーケティングやっていて大丈夫なのかと、本気で心配になってしまいましたとさ。┐(´д`)┌ヤレヤレ


タグ :  

|

« さよならサヨナラ左様なら | トップページ | 白い恋人がやってくる »

コメント

こお~んな選択肢、というか考え方もあります。
僕が勤めている会社のカメラマン氏も、
「うーん、その通りだねぇコレは…」と申しておりました。

僕が大好きな「Fire Roadster」というその道では高名なサイトです。
URL> http://pontium.dip.jp/~frs/cgi-bin/tubuyaki/new.html

「つぶやき」の11月24日からに注目です。
カメラ好きなyonhongiさんになら何を言ってるのかより分かるでしょう。
もちろん反論もあると思いますが。

投稿: はりモグラ | 2008年11月30日 (日) 23時46分

はりモグラさん、いらっしゃいませ〜。
>もちろん反論もあると思いますが。
反論というか、やはり何処のユーザーも「隣の芝は青い」んだなぁと。
仮に自分がフルサイズを検討した場合、実用品としてみた場合はやはりNikonのD700に軍配を上げると思いますよ、やっぱり。
Nikonは昔っからユーザーになると満足度高いらしいですからねぇ。
その上でD3から以降のモデルの完成度の高さは、さらに磨きがかかっていると言う噂も聞きますし。
Canonは良い意味でも悪い意味でも適当につくるメーカーですからね。
(ただEOS-1HSとかRTとかの特化モデルと今の普及モデルの造り込み比べちゃうのは、ちょっと可哀想かなとは思います。この頃だとNikonはF4でしょうか…いずれも贅を尽くした仕様ですからねぇ)。

でもねぇどうしてもNikonのデザインテイストとかUIとか、自分は受け付けないんですよねぇ…って、なぜフルサイズ機購入を真剣に悩んでんだ → 自分。

投稿: yonhongi | 2008年12月 1日 (月) 19時00分

こんばんは!
あらっ、ローアングルから可愛いぬこちゃんだこと(^^)
何に気をとられているのかな??自な感じに撮れていますね。

E-30は今月末発売でしたっけ?
いきなり「アートフィルター」などを前面に押し出されると、基本的なスペックに不安を感じてしまいますね。まずは、カメラの素性が判断しやすいサンプル画像を見たいものです。その上でのアートフィルターだと思うのです。この辺りもyonhongiさんの仰るところの「オリンパスのKYさ」なのかもしれませんが、いい方に裏切られることを祈りましょう。
もう暫く、眠れない日が続きそうですね(~_~;)

α900は展示機に触れてみましたが、まずはずっしりくる重さに驚きました。次にファインダーの明るさや視野は、当たり前ですがα300とは比べ物になりません。シャッターの小気味良さも相まって、やっぱり高級機はいいなぁ~と実感しました。
「α300で腕を磨いていつかは!」なんてね(^^ゞ

そういえば、DocomoからNokia E71の発売中止が発表されてしまいましたね。最悪の結果でとても残念です。

投稿: とも | 2008年12月 1日 (月) 22時11分

公園のぬこちゃんにはこれから厳しい季節ですけど、がんばって生き抜いて欲しいと思います。まぁあそこにいれば食の心配は要らなさそうですけどね。

>α900は展示機に触れてみましたが、まずはずっしりくる重さに驚きました。
あの金属の固まり的なとこは、古き良き時代の写真機を彷彿とさせ、性能どうこう以前にコレクション欲をそそる造りです。以前のミノルタにはないテイストで、SONYと一緒になってようやく開花した気がしますね。

>そういえば、DocomoからNokia E71の発売中止が発表されてしまいましたね。
やっぱりドコモは発売したくなかったんじゃないでしょうか。ただブームに乗っておかないといけないのでラインナップだけしておいた、だから全く未練はないんでしょう。
ソフトバンク版は出るでしょうけど、コッチはコッチでサポートが最低以下ですからねぇ…X02HTといいiPhoneといい、買う時に不快な思いをしているので、それを考えると複雑な気持ちです _ノフ○ グッタリ

投稿: yonhongi | 2008年12月 2日 (火) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188876/43274648

この記事へのトラックバック一覧です: NEW FACE:

« さよならサヨナラ左様なら | トップページ | 白い恋人がやってくる »