« 厳しい現実 | トップページ | クランクイン&アップ »

2008年9月21日 (日)

the Load of the CHAIN-RINGs

久しぶりの、えびちゃんオフタイム改造ネタです。
(もちろんですが改造は自己責任ですので、あくまで参考程度に読んどいてくださいね。)

購入当初からやろうやろうと思っていたのですが、なかなか交換用の部材が集まらず、いままで忸怩たる思いのまま我慢して乗っていたのですが、ようやく手を付ける事ができました。

Offtime_normalcrank つまり、ココですよココ

折角のフォルムを台無しにしているクランク周りの野暮ったいカバーと、折りたたみできて便利なんだけど樹脂丸出しで安っぽいペダル…その他諸々このへんをスッキリ格好良くリファインしたいなぁ、あわよくばそれと同時に性能アップも…などと、ず〜っと思っていたんですよ。
購入初日にカバーだけは外してみたものの、そこに隠されていたチェーンリングが余りにも安っぽすぎて、泣く泣く元に戻したという経緯もあります。
その時の観察から、このチェーンリングの交換は出来なくないものの、それなりに創意工夫が必要な構造である事が判りましたので、それ以降、使えそうなパーツの物色と入手に思いのほか手間取ってしまって現在に至るというわけです。

今回はその禁断の改造、第一段階。手順を覚書を兼ねてアップしてみます。

Offtime_chainring まずはとにかくカバーはずし。
上面にあるネジ1本なので楽勝です。見ての通り、やっぱり何度見ても安っぽいチェーンリングですねぇ。

普通の自転車と電動アシスト車がちょっと違うのが、このチェーンリングとクランクが直接繋がっているわけではないという点。
オフタイムのチェーンリング側クランクは、左側と同様にただの棒状で、回転軸にあたるボトムブラケット(以下BB)に差込まれているだけです。で、そのBBと同軸の外側に溝が刻まれた筒があって、そこにチェーンリングが嵌合しています。
クランクを進行方向に回転させた時はBBと筒ともどもチェーンリングが回り、クランク逆回転の時にはBBが空回りする構造(つまり逆転時にチェーンリングは回らない)になっています。
これはおそらく、一般の自転車と違って後輪との間にモーターのギアが噛んでいるので、逆転時のクランク回転が重くなってしまうのを避ける為(とモーターの保護も兼ねて)だと思われますが、それ以外にもモーターのトルク制御に関わる機構なのかもしれませんので、迂闊に手出しはできません。
このあたりの構造については、ほぼ同型のモーターユニットを最初に採用したViViエレクトリックバイクの紹介記事が詳しいので、参照のこと。

電動アシストの改造を手がける先人達が、何故か性能(主に最高速)アップにつながるはずのチェーンリング交換に踏み込めないのはこの部分の構造に原因があったのですね。納得。
で、それでもどうしても交換をと言うならば、方法は2つ。

  • 方法A : 純正チェーンリングを加工して、他のリングを取付ける。
  • 方法B : 逆転時の空転機構は無視して、通常通りクランクとリングのセットを付ける。

ということで、バラしつつ試行錯誤してみる事にしました。

Offtime_crankcenternut Tlfc10 Offtime_bb

純正クランク外し。
センター部分のプラスチックキャップを取り去ると、BBとクランクを固定するナットがあるので14mmのボックスレンチで外します(写真上左)。
クランクとBBはキツく嵌っているので、そのまま人力ではまず外れません。そこで専用工具「コッターレスクランク抜き」TL-FC10の登場(写真上中央)。
クランクの内側に刻んであるネジに、TL-FC10を手で奥までねじ込んでから、後端をスパナでぐいっと回すと、BBの軸が押し出されてクランクが外せるという寸法です。
BBの軸は情報通り四角タイプでした(写真上右)。
純正チェーンリングが嵌合している筒から抜けてしまわないよう、ロックリングが嵌っているのが見えます。かなり硬いのですが、細いラジオペンチを駆使してなんとかロックリングを取り去ると、スポッと純正チェーンリングが抜けました。

Fcf700normal 純正チェーンリングと、今回交換用に用意したSHIMANOのCapreoクランクセットFC-F700を重ねてみるとこの通り…歯数41Tの純正に比べて、45TのFC-F700がひとまわり大きいのがわかります。モーターギアとの位置関係から、おそらく45Tくらいがギリギリなんとか納まる限界かと思い、比較的安価でそこそこ格好良さげなこれをチョイスしたのですが、実はこいつの入手に随分手間取っていたんですよ。
FC-F700のPCD(クランクとリング接合ネジまでのピッチ円直径)との重なり具合から、純正リング加工をする前述Aの方法はかなり難易度が高そうですので、あれは最終手段ですねぇやっぱり。
ということで、方針は前述Bの方向へあっさり変更。
自転車乗っててクランク逆回しなんて、そんな頻繁にすることではないですから、大きな不都合はないと仮定して作業を進めましょ。人間
、見切りの良さが肝心です(謎爆)

モーターまわりがスッキリしたので、この際ですから清掃も。
実質4ヶ月、まだ走行数百kmですが、油とホコリでそれなりに汚れるもんなんですね。

Offtime_motorunit 綺麗になったところで、更に余分そうなものは外してしまいます。
上側のチェーンが通るガイドとチェーンリング裏側の半月状の黒いカバーは、チェーンリングが45Tの大きさになると干渉してしまいそうなので、丸印のボルトを緩めて取っ払ってしまいました。
ちなみにこの3カ所の貫通ボルトで、モーターユニットがフレームに吊り下げられているので、一カ所ずつ外さないと落っこってきますよ

モーターユニット自体は、最近のPanasonicサイクル製電動アシスト車共通のもののようですね。このユニットさえ外してしまえば、ただの折り畳み自転車にも出来てしまいそう…フレームに普通自転車のBB用にマウント穴が空いていたりするのは、フレーム共用化の証でしょう。

Offtime_chainringgap_2 Offtime_chainringgap_15mm

さてと、FC-F700を仮に嵌めてみますか。
案の定、そのまま素直にピッタリというわけにはいきません。チェーンリングとモーター駆動ギヤの間に20mm程の段差が出来てしまいます(写真上左)。
これではチェーンが噛み合いませんねぇ。
ならばと、FC-F700のクランクとリングを表裏逆に組み替えてみましたが、それでも純正位置とは15mmくらい差があります(写真上右:仮に純正リングと重ねて計測)。

う〜ん、困った σ(^_^;)アセアセ...

やはり一筋縄ではいかないもんですねぇ。
クランクの穴をヤスリで削って少し広げても、あと数mm縮めるのがやっとでしょうし。
トリプルギヤのクランクセットでも使えば、一番内側のギヤでなんとか位置が合いそうな気もしますが、また探すのも手間だし、だいいち使わないギアが2枚もあるというのもなんだかなぁという気が…チェーンリング固定用の5本のボルトを長いものに交換してスペーサーを入れて調節するのが、一番現実的な方法のように思えてきました。
となると、現在手持ちの部材で出来るのはココまで。人間やっぱりワリキリも肝心です(更爆)
そんなわけでまたまた方針変更。

方法C : 純正チェーンリングはそのまま、その外側にクランクセットを取付け

見た目だけカッコよく装う!!

それってただのドレスアップじゃ…なんて声は聞こえな〜いとりあえずは、これだっ!(爆)

この先また長くなりそうなので、次回に続きます。


タグ :  

|

« 厳しい現実 | トップページ | クランクイン&アップ »

コメント

お~、Shimanoから届くのを待っていたブツとは、コレだったのですね!
なるほど、電動自転車はクランクとチェーンリングは直結していないのですか!(ラチェット構造?)

私でもギヤ比を変えて性能アップやドレスアップは夢見るところですが、yonhongiさんの解説を拝見する限りでは、非常に難易度が高そうです。私でしたら早々に挫折しているだろうなぁ…

> 使わないギアが2枚もあるというのもなんだかなぁ
この気持ち、大変よくわかります(^^)

> チェーンリング固定用の5本のボルトを長いものに交換してスペーサーを入れて調節する
なぁ~るほど!!

> それってただのドレスアップじゃ…
今度のクランクが純正よりもロングアームでしたら、乗り味も変化するかもですよ!

投稿: とも | 2008年9月20日 (土) 22時48分

やってるやってる!!
輪病は治りませんねー。

更なる改造、楽しみにしています。

投稿: Harry | 2008年9月21日 (日) 10時30分

>お~、Shimanoから届くのを待っていたブツとは、コレだったのですね!
はい、そうです。
でも結局頼んでおいたお店ではまだ手に入らなくて、たまたま別のネットショップで在庫を見つけてしまったものでして。

>今度のクランクが純正よりもロングアームでしたら、乗り味も変化するかもですよ!
そう思って実測してみたんですが、正直わからないかも(爆)
FC-F700が170mmなんですが、多分長くても5mm程度だと思うんですよねぇ。
自分の感覚で上下10mmの差が感じ取れるのでしょうか、心配です!?

>やってるやってる!!
>輪病は治りませんねー。
直るどころか、悪化の一途ですよ。責任とって下さいね → Harry師匠

投稿: yonhongi | 2008年9月21日 (日) 11時41分

貴重な情報を公開してくださり、ありがとうございます。
今日、このページの情報が凄く役立ちました。

いつものように、
桃太郎のお爺さんが狩るような柴(雑木の小枝)が散乱する山野の急坂を、
オフタイムで気持ちよく登り降りしていたのですが、
ふと、向きを変えようとバックしたとたん、
異音がして前ギヤからチェーンが外れてしまいました。
見るとギヤが噛み込んだ柴がチェーンガードの隙間から飛び出していました。

普通のロードなら、チェーンをはめるのに要する時間は長くても30秒程度。
ところが、オフタイム君の前ギヤには、半月状のチェーンカバーが付いていて、
これが邪魔して、15分ほど粘っても、
内側に落ちたチェーンをもとに戻すことが出来ませんでした。
チェーンカバーを外すには、12ミリのボックスレンチが必要と判りましたが、
持ち合わせていませんでした。
自転車屋まで車で運んで修理をお願いしたのですが、
一般の自転車には使わないネジのサイズらしく、12ミリの工具はない、と困った様子。

そのとき、このページで読んだことを思い出して、
クランクのアームとロックリングを外せば、前ギヤが外れる、と私から提案しました。
専用工具二つを使って分解して、なんとかチェーンを戻すことが出来ましたが、
おそらく、ロックリングのことを知らなかったら、さらに手間取っていたと思います。
本当に助かりました。

投稿: 通りすがりに学んだ人 | 2011年1月10日 (月) 16時13分

通りすがりのお方、いらっしゃいませ。
>今日、このページの情報が凄く役立ちました。
こんな魔改造?!の情報がお役に立つとは…ちょっと嬉しいです。
最近でこそあまり遠出はしていませんが、今でもウチのオフタイムは現役で活躍してくれています。
電動かつ折畳みというのは未だにそれほど選択肢がありませんものね。
お互いの愛車、大事に末長く乗ってあげましょう。

投稿: yonhongi | 2011年1月11日 (火) 11時03分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: the Load of the CHAIN-RINGs:

« 厳しい現実 | トップページ | クランクイン&アップ »