« そこに“i”はあるのかい? | トップページ | タッチ touch そこにタッチ♪ »

2008年6月27日 (金)

夢の電気馬調教

う〜む。
かれこれ2週間ほど、まともに「えびちゃん」に乗れておりません
梅雨ですし仕方ない事はわかっているのですが、やはり乗り物は乗ってなんぼですからね。
で、明日はお休みなのですが、どおやら久々に雨とはバッティングしなさそうな雰囲気ですし、曇り空ですから日差しが暑くてたまらんということもなさそうです。
まぁあくまで天気予報ですからはずれる可能性もありますが、近所を散歩するくらいはできるでしょう。

乗れない時間の暇つぶしに前回タイヤのバルブ交換をしたわけですが、これって見た目にはなんにも変わってないんですよねぇ(当然)。
折角久々に乗り回すのに、イマイチ見た目に変化が無いと言うのは(自己満足度的に)ちょっと残念なので、しばらく前に手配して置いてあった物を装着して、さりげなく自己主張してみようかと思い立ちました。

Kcnc_bearingpulley 今回のアイテム、謎の円盤の登場です。

KCNC ジョッキーホイール(スチールベアリング)

アルミ合金製のギザギザ歯車にヒトデを思わせるようなデザイン、肉抜きの為の穴や中央ベアリングシャフトの黄金色カラーリングが、メタル好きの自分のハートを鷲掴みっ(爆)
その昔、FD3SのRX-7が出たての頃、マツダスピード製だったかの3本スポークアルミホイールに憧れた頃のワクワク感を思い出しつつ…これは同じホイールと名前はついておりますが、直径3〜4cmの小物パーツでありまして、デザインセンスには同じ香りを感じましたので、これがイッタイどういう効用をもたらす物かもロクに知らないのに、気付いたらショッピングカートの中に入っておりました(更爆)

これは主に、リアディレイラーに付いている2つのプーリー(ガイドとテンション)の代替用品であります。

オフタイムのリアディレイラーをALIVIOに交換したとき、その特徴的に大きなプーリーが黒い樹脂製であることに、実は少々違和感を感じていたのです。折角本体がメタルなのにバランスが取れないなぁと。
このディレイラー交換で変速性能は格段に気持ち良くなったのですが、やはり男は見た目!ということで、いずれ消耗して交換の時期が来るであろう事を見越してゲットしておいたものですが、パーツが消耗する程乗りこなす前に我慢できずに交換してしまう事になりましたとさ(苦笑)

13tpulley RD-M410のプーリーは上下とも13T。どちらもベアリングは入っておらずメタルブッシュ仕様だそうなので、フリクションロスの少ないベアリング入りに交換する事で、能書き上はペダリングの力を余すところ無く駆動力に変換できるようになる…はずですが、まぁ電動アシスト自転車にはおそらく無駄な能書きですね(笑)…いいんです、見た目優先ですから。

比較してみると確かに標準品はただの金属軸受けにグリスが塗ってあるだけでした。本来は多少組付けに余裕を持たせてあるガイドプーリー(上)を交換するのは推奨されていないそうなのですが、まぁダメならダメで元に戻せばいいだけですから、今回はいっぺんに2つとも交換してしまう事にします。

Kcncpulley_bearing 装着前に念のためKCNCの方を分解してみる(またかい→自分)と、たしかにボールベアリングが内蔵されていて安心しました(実際に目で見るまで信用しないやな性格)。

指で軸受け部分を挟んで回してみると、音も無くスムーズに回るのはわかりましたが、だからといって標準品と比べて格段に回りが軽いかというとそうでもありません。きっと粘度の高いグリスが充填してあるからだと思います。

世の中にはこのベアリングに、更に精度・強度の高いセラミックを使った高価な物を採用したり、グリスを粘度の低いオイルに変えて極限までフリクションロスを減らすチューニングなんかをしている人もいるようですが、あくまでも見た目優先の自分にはコレで充分でしょう。

Offtime_rdpulley RD-M410のボディが黒・アームがシルバーなので、ガイドプーリー(上)には黒、テンションプーリー(下)にはシルバーを入れてみました。ちらりと見える金色の軸受けがイヤラシイ…いや、素敵です。

交換自体はいたって簡単、3mm角の六角ボルトを抜いて標準品と取り替えるだけ。チェーンのテンションがかかっていますので、取付ける際の軸穴合わせにちょっとコツが要りましたが、まぁものの10分もあれば交換できてしまいますので、お手軽ではあります。

ガイド側交換による変速不良もそれほど心配無いようで、ディレイラーのネジで調整し直す事で元通り気持ち良く変速が決まるようになりました。回転自体も(もちろん)スムーズで、プーリーが回転する事で出ていた「サー」という音がしなくなった分、金属になった歯とチェーンの噛み合う「シャラシャラ」という音が逆に目立つくらいになりましたね。
いずれにしろ変速操作感がさらに気持ちよく感じるようになったのは確かです。

さて、オフタイムには実はもうひとつ、プーリーが存在します。

11tpulley フロントのチェーンリングとリアディレイラーの間に、駆動力をアシストするモーターのギアがかかっているのですが、そのすぐ後ろ側に11Tのプーリーがいて、モーターギアからチェーンが外れにくいようにガイドしています。で、このプーリーも当然樹脂製なので、この際ですからコレも交換してしまいます。

外してみてちょっとビックリ。こちらは標準品もベアリングが入っているようです。今までの経験上コストダウンされていると思ったら、こんなところは意外と気を使っているのですね…ということは、電動アシスト車でのプーリー交換というのは、あながち間違った方向のチューニングでもないのかもしれません(えっへん)。

Offtime_frontpulley こちらもネジ一本で楽々交換完了。
標準品と厚みが若干違うので、そのまま単に交換しただけだと左右の遊びが多すぎるようでしたので、軸受けの両サイドにワッシャーを2枚入れてあります。金の軸受けが見えなくなってしまったのが少々残念ではありますが…露出度が高い分、こちらの方がメカメカしくて素敵です。

こっちはモーターユニットに合わせてシルバーにしてみました。

ちょっと西部劇に出てくるカウボーイの足元みたい…って、そうかだから「ジョッキーホイール」って名前なのかと今更気付く自分。
調べてみると「拍車」ってアレの事言うんですね、知らんかった…。

後はチェーンリングにかぶさっているカバーを外してしまえば、愛車えびちゃんから安っぽい樹脂製パーツはほぼ一掃出来るのですが…こちらはまだ注文中のパーツが届かないのでお預けデス。

まぁとりあえずこれで明日は、またちょっとだけ自己満足にひたりつつポタリングできそうですので良しとしましょう。

タグ :  

|

« そこに“i”はあるのかい? | トップページ | タッチ touch そこにタッチ♪ »

コメント

かっこいいよ。
とても美しい。

投稿: Harry | 2008年6月28日 (土) 19時17分

>かっこいいよ。
>とても美しい。
ぼ、ボクのことですか!? (。-_-。)ポッ
…一人称変わってるし、自分…

投稿: yonhongi | 2008年7月 1日 (火) 12時24分

着々と進化していますね!
いろんなパーツが出てるんですね~。
勉強になります。

投稿: @工場長 | 2008年7月 4日 (金) 00時21分

>着々と進化していますね!
ただいまVer.2.1へと換装中!! 乞うご期待!?

投稿: yonhongi | 2008年7月 9日 (水) 02時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢の電気馬調教:

» すごい自転車を発見(パナソニックオフタイム) [blog at Ts house!スウェーデンハウスと薪]
すごい自転車を発見(パナソニックオフタイム) (この記事はある特定のブロガー向きの内容となっています)笑 自転車の趣味というのは相当奥深く、自転車に 3桁のお金を費やしている人も珍しくありません。 = これは「輪病」というべきかもしれません。 = さて、先日加古川をポタリングしていたら、 素敵な自転車に乗っているカップルに出会いました。 男性の自転車もすごいのですが、 女性の自転車がまたすごい。 [[attached(1,center)]] パナソニックの..... [続きを読む]

受信: 2008年7月 3日 (木) 07時10分

« そこに“i”はあるのかい? | トップページ | タッチ touch そこにタッチ♪ »