« 梅雨の晴れ間(前編) | トップページ | もしも願いひとつだけ叶うなら »

2008年6月 5日 (木)

梅雨の晴れ間(後編)

オフタイム電脳化の後編です。
明けて6/4のこと。いざ往かん!
Photo 今回の試走には、またもやご近所ですが大堀川べりを選んでみました。
この川も手賀沼に流れ込む小さな流れのひとつですが、両岸は比較的最近整備され、大堀川リバーサイドパークとして遊歩道・サイクリングロードが手賀沼サイクリングロードまで繋がりました。護岸も土手のままの、なかなか趣のある道になっているとのこと。
近くに住んでいるとはいえ歩きだとちょっと距離があるので、いまだ未知のロード。距離はそれほど長くありませんが、ちょい乗りにはちょうど良いだろうと判断して出かけました。

心配していた天気は出発時こそ曇り空でしたが、いざ現地に着いてみれば青空も出て、日差しもなかなか強くなってきました。
雨降りになると困るので、今回の撮影機材はコンパクトなDP1とG7だけにしたのですが、こんなに気分良く晴れるのだったらL1も持ってくれば良かったとちょいと後悔も…。
まぁ今回の主目的は別にあるので、良しとしましょう。

肝心のRAMマウント & EM-ONEですが、固定具合は万全ですね。振動でぐらつくとか異音がするとかいうことは全くなく、落下防止のリードなど付ける必要を感じない程の安定感です。
また逆にがっしり付きすぎていて、前輪のバンプ等の振動をもろに受けてしまわないかと心配だったのですが、ハンドルベースが中心から少しオフセットしている事と全体が樹脂製であることが相まって、過度な負荷が機器にかかるようなことは無い様で、EM-ONE本体の軋みなども感じられないのでおそらく大丈夫でしょう。
あとは不注意で自転車ごと倒してしまったりしないようにするだけですね(これが一番やりそうですが)

事前にEM-ONEのminiSDにお気に入りの曲を入れておいたので、まずはそれをBGM再生しつつポタリング。
自分の音楽ライブラリーはそのほとんどがAAC型式なので、再生にはMortPlayerを使用…このソフトはスキンが自由に変えられるので、指タッチしやすい大きなボタン配置のスキンを併用します。
音量は80%くらいでも結構なボリュームで、BGMを通り越してカラオケくらいの感じ(笑)で再生できます。EM-ONEのスピーカーはフロント両サイドなので、音の抜けも悪くなく、流石にヘッドフォンで聞く程の音質ではないものの、ちゃんとステレオ感を感じるくらいにはなっているので、まぁ充分でしょう。

唯一の問題点は、音楽流しながらチャリで走っていると思いのほか人目をひくというところですが…まぁこれもラジオ鳴らしながら歩いているおっちゃんを(都内なんかだと)見かけるので、それよりはマシと自分に言い聞かせて、あんまり変な曲がかからない事だけ気をつけて走るとしましょう。
ジャズ系の曲がわりとイイ感じ〜 note

Offtime_googlemaps_field GoogleMapsもバッチシでしたね。
直射日光下だとバックライト輝度が足りないのと液晶表面のグレア処理のせいで、走行中の視認性はイマイチですが、元々リアルWVGA環境の極小文字では確認しにくいのは当然なので、こうして木陰にでも停めたときに、すぐ自車位置が確認できることだけでも、方向音痴の自分にとっては大進歩(自分が進歩したわけではないけど)です。
空が曇っていたり、ビルが林立していて東西南北が判らないようなシチュエーションでも、電波さえ掴めれば建物の外形がわかる詳細図が見られるのは、オンライン地図ならではのメリットですね。もちろんPocketMapple等のオフラインソフトを導入しても同様のことはできますが、ストレージ容量に限りがあるうえ結構高価なので、しばらくはフリーのGoogleMapsで充分でしょう。

ただしこのオンライン接続状態のまま走ると、EM-ONE標準バッテリーは見る見るうちに減っていき、おそよ45分で電池切れになります。
Fc900_miscount いずれ大容量バッテリーの導入をすれば2時間程度の連続接続は可能でしょうし、場合によっては電チャリのLi-ionバッテリーから直接供給なんて方策も試してみようとは思っているのですが、今のところはお手軽に予備の外部バッテリーで対処しようということで、手持ちのeneloop mobile boosterを繋いで運用したところ、思いがけない不具合がっ!
なんとサイクルコンピューターが誤動作して、停止状態なのにこの始末。
おそらく外部電源のDC-DCコンバーター発振と、FC900無線センサーが混信してしまっているのでしょうね。ということで、次回以降外部電源はDC-DCの入っていないバッテリー直接続式のものを使わないとダメってことが判りました。
ワイヤレス式のサイコンは混信が多いとは聞いていましたが、こういう事だったんですねぇ、納得。

Photo_2 Photo_3

さてさて、BGMの気持ち良さと地図常備の安心感で、ポタリングはのんびりゆったり進みます。
写真、左はダイサギで右はゴイサギ。どちらもすでに夏羽根で着飾っています。とくにゴイサギは朝廷から官位を授けられただけの事はあって、頭の後ろに長く伸びる飾り羽根が優雅ですねぇ。
今回はG7のデジタルズーム480mm相当なので少々画質に難ありですが、こうして軽量な機材だけの気楽な撮影ポタもたまには良いものです。

大堀川をそのまま東に向かって国道6号と常磐線の下をくぐって手賀沼に出て、いつも通りの帰途につきました。
梅雨の晴れ間の午後2時間ほどでしたが、なかなか充実した時間を過ごせて満足満足。

Offtime_ver2_2 最後に電脳化完了のオフタイムver2の勇姿!?を記念撮影しておきました。
背景が田んぼで道が未舗装ってのが、田舎をひしひしと感じさせますが…(汗)

そういえばまだコイツには名前つけてませんでしたねぇ。
…う〜む。はじめは攻殻機動隊のタチコマ(フチコマ)にあやかって「ぶちコマ」とでもしようと思ってたんですが、やっぱり乗り物の名前は女性名詞がいいよなぁ(メルセデスしかりシルビアしかり)と悩むこと数時間。こういうとき、生来ネーミングセンスがないことをツクヅク悔やみます。

で、結局・・・このカラーリング=ワインレッドからの連想ゲームで、

ワインレッド → 日本色名「葡萄色(えびいろ)」→ えびちゃん に決定です!!(爆)
もちろん事務所の使用許諾も一切取っておりませんで、あくまでニックネームですよ、悪しからず。
ファンの戯れ言と思って許してくだせぇ m(_ _)m

以後、そういうことで ヨ・ロ・シ・ク ね heart04

タグ :  

|

« 梅雨の晴れ間(前編) | トップページ | もしも願いひとつだけ叶うなら »

コメント

のどかな風景と相まって楽しさがこちらまで伝わってきます。
まさに新しいジャンルの自転車ライフですね♪

投稿: @工場長 | 2008年6月 6日 (金) 18時15分

連日のコメント、ありがとうございます m(_ _)m

>のどかな風景と相まって
世間一般ではそれを「田舎」といいます coldsweats01
一応、県内で4番目の中核都市…のはずなんですがね。

投稿: yonhongi | 2008年6月 6日 (金) 20時19分

えびちゃん、これからもよろしくね。

自転車に無線機搭載なんて人もいるみたいですからねぇ。
次は何が載るんだろう。
まあ、漕ぐ体力のほうも鍛えてください。笑

投稿: Harry | 2008年6月 7日 (土) 08時24分

>自転車に無線機搭載なんて人もいるみたいですからねぇ。
ケータイが普及してなかったら、間違いなく144/430のリグ乗せてるでしょうね(笑)…そういえば局免、更新してないや。
もはや重量が…とか、ぜんぜん考えてなかったりして。

>まあ、漕ぐ体力のほうも鍛えてください。笑
そこが問題。いっつもアシスト最大だから、全然鍛えらんないっす。
コイン式電動アシストに改造して、貯金しつつ走るようにしようかな(爆)

投稿: yonhongi | 2008年6月 7日 (土) 11時55分

「えびちゃん」なんて愛着のわくネーミングでしょう。

私の携帯・・妻からの「着信画像と着メロ」いつの間にやらエビちゃんの画像とアネッサのCMソングにされていました。
着信画像見るたびドキっとします。爆

投稿: @工場長 | 2008年6月 9日 (月) 00時48分

>着信画像見るたびドキっとします。爆
奥さんGJ flair

投稿: yonhongi | 2008年6月 9日 (月) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188876/41442556

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の晴れ間(後編):

« 梅雨の晴れ間(前編) | トップページ | もしも願いひとつだけ叶うなら »