« プロダクト・デザインの極致 | トップページ | 気の抜けたお話 »

2008年6月14日 (土)

幸と不幸とにゃんこの子供

Yonhongi_20080614_2 先月おじゃまして散々モフりたおしてきたチビにゃんこ「空良くん」に、またぞろ会ってまいりました!!

およそ一ヶ月の間に、ほわほわだった顔つきはシッカリとしたちょっとやんちゃな子猫顔になり、手乗りだったサイズも腕乗り程度まで大きくなっていましたが、やっぱカワイイもんはカワイイ(爆)
いっちょまえに「シャー」とか威嚇したりするんですけど、その開けた口から覗くピンクのちっちゃな舌ですら可愛く思えてしまうのですから、もはや何も申し上げる事はございませんです、ハイ。

この家の家主である先輩と自分、そして今回同行の同級生3人がたまたま6月生まれで、この歳になると他人に祝ってもらう事もないよね〜ということで、ケーキ持参で「はっぴーばーすでい、ウチら」するのが当初の目的でおじゃましたワケですが、実際はそんなことソッチノケで、空良くんはじめこの家の住猫(海大おにいちゃんと風花さん・咲夜さんの両ねえちゃん)との楽しいひと時を過ごさせて頂きました。あぁ癒された〜。

Photo 今回はMR2を車検に出してしまった(しかもサイドブレーキワイヤー切れでしばし入院の憂き目になってしまった)事もあり、自宅から22kmほどある先輩宅まで、電チャリ「えびちゃん」に乗って行って来ました。途中友人と待ち合わせの場所に寄ったり、母校散策したりしたので往復距離は50km弱ですので、ワンライドでの距離記録更新です。
前半戦は試しにアシストオフで15km地点までは頑張ってみましたよ。結構走れるもんですね。
ただ、できるだけショートカットの距離優先細街路直進で突っ切った(GPSとGoogleMaps様様です)ので、途中推定傾斜30度位の坂にぶち当たって面食らいましたが、そこで初めてアシスト強でこいだら、ウィリーしそうな勢いで登れて、これまたビックリでした。
にゃんことの楽しい時間のおかげで、帰宅時は途中で日がスッカリ暮れてしまいましたので、初の夜間走行も体験。付属のLEDライトの明るさに期待していなかったのですが、街灯の無い暗い夜道でも10m先の白線を視認する事ができるぐらいの明るさは充分にありました。ちょっとスポット光なので広範囲を照らすわけにはいきませんけれど、それほど夜間走行する予定もないので、今のところはコレで充分でしょう。

ところで東北の方では朝から地震で大変な一日(被害がかなり大規模ですので、これ以上被災者が増えなければ良いのですが…)でしたが、地震列島ニッポンに住んでいる以上、いつ何時コチラでも発生するかわかりませんから、あんまりホワホワした生活ばかりもしていられませんね。
そんな状況に備える意味でも、「えびちゃん」の基本性能把握と自己の体力増強に努めていこうと(いう建前の散財ですが…)改めて感じた自分の休日であります。

|

« プロダクト・デザインの極致 | トップページ | 気の抜けたお話 »

コメント

空良くんとのツーショット、いい感じですねぇ~
夫が猫好きで、猫ちゃんのUPを毎日眺めて喜んでおります、
だからといって飼ったりはしないんですけど(笑)
「えびちゃん」でワンライド50㎞とは素晴らしいですね、
すっごいエコになっていますよ。
私だったら車でも、かなり乗った距離なんですけど(苦笑)

投稿: 真野○江 | 2008年6月17日 (火) 09時24分

関係ないですが、ブログの更新の頻度がすごく多くなりましたね。
しかしニャンコかわいいですね~。
我が家の猫は、今毛抜けのシーズンで鼻がむず痒くて堪りません~。

投稿: Harry | 2008年6月17日 (火) 21時46分

にいさんの顔、半分溶けてるねぇ~~。
ほんと、かわいい。

投稿: そふぃ | 2008年6月18日 (水) 09時45分

>空良くんとのツーショット、いい感じですねぇ~
もうね、あまりにも嬉しいんで、自己のプライバシーとかかなぐり捨てて、2回も全世界公開しちゃいましたよ(苦笑)

>すっごいエコになっていますよ。
遠出するとその分おなかが減るので、食料問題的には全然エコロジーじゃ無さそうなんですが、まぁガソリン使わずに楽しんでる分エコノミーではありますね。

>関係ないですが、ブログの更新の頻度がすごく多くなりましたね。
そう…ですかね。
あんまり気にした事無いんですが、確かに今は書きたいネタが沢山ありすぎて、ちょいとセーブしているくらいではあります(あんまり連日マニアックな事書いても読んでくれている人をおいてけぼりにしてしまいますので…爆)。
基本的に、沢山書いている時は何らかのストレスが溜まっていて、それを発散しているんだと思ってください coldsweats01

>ほんと、かわいい。
いや、ほんとかわいい。
猫アレルギーじゃなかったら拉致ってしまいたいくらいです。

投稿: yonhongi | 2008年6月18日 (水) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188876/41539902

この記事へのトラックバック一覧です: 幸と不幸とにゃんこの子供:

« プロダクト・デザインの極致 | トップページ | 気の抜けたお話 »