« 禁断の果実を手に入れた | トップページ | ♪おっ買い物 おっ買い物♪ »

2008年5月19日 (月)

復讐するは我 ( ̄ー ̄)ニヤリッ

今日はまた台風だったりします。台風4号ハーロンさん。今年は当たり年でしょうか。
そんなわけで自転車にも乗れないわけですが、実はそれを見越して、すでに手賀沼リベンジは果たしてしまっていちゃったりします。
記事に書くにヒマがとれなかったので時間軸が前後してしまいますが16日に決行済み(前回のスプロケ交換エントリーが17日になっていますが、実際は16日未明の作業なのです…勢いってコワイですね)
ヒマが無いったって別段仕事していたわけではない(やれよ→自分)んです…ホントのところは昨日NHK BSの「太王四神記」が最終回を迎えてしまって放心状態だったというか(爆)…にしても色々言われていただけあって、やっぱり尻切れの印象は拭えませんねぇ。
スジニとのハッピーエンドを望んでいた多くのファンにとっては、消化不良な結末だったんじゃないでしょうか。

話が脱線してしまいました。それでは手賀沼一周記です(笑)。
今回もWBT-201でGPSログを取りながら。でも今回はスタート地点をちょっとずらしてあるので、自宅特定を恐れることも無くGoogle Maps載せられます。


大きな地図で見る

まずは一周の起点となる、道の駅しょうなんへ向けてGO! であります。
正直、走りはじめは前回とそれほど違いを感じませんでした。
「あれっ? スプロケット交換の恩恵は?」と、ちょっと拍子抜け。アシストオンの状態では、重いトップギアがさらに重くなっても、全然漕ぎに要する力は変わらないのですね。
田んぼ脇の平坦路に入ってから、ようやく交換の威力を実感できるようになりました。
巡航スピードが計算通り上がっています。普通に漕いでも20km/h前後で軽々流せるようになりました。風を切る感覚が気持ちい〜ですね。
これならちょっとしたツーリングもできそうな気がしてきます(単純)。
そのまま体力温存モード(常時アシストオン)のまま、道の駅へ到着。その脇の道を通って手賀沼と再会です。

地図上のWP0001地点にて、自販機で水分調達しておこうと140円入れたら、思いのほかガタンガタンと大袈裟な音がしたのでビックリして覗いてみると、なんと2本のペットボトルがそこに。
ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ これぞ天の恵み、幸先良いぞと喜んだのも束の間…これ、入れるとこ無いんじゃね!?
本日最初のご教訓 : ポタリング用チャリにドリングホルダー(ボトルケージ)は必需品
一本だけなら左手に持ってのんびり運転もできますが、2本となるとどうにもこうにも…実はカメラバックをリュック状にして背負ってはいますが、今回は眼レフにレンズ3本とDP1のフル装備だったので、500mlペットの入る余地はありません。
仕方なくその場で一本は半分程飲み干して、無理矢理カーゴパンツの脛ポケットにねじ込み、もう一本を左手に持って出発する羽目になりました orz

全然幸先良くないじゃん!

一周は前回未踏の沼の東側から。脛に重いもの入っているのでかなり漕ぎにくい思いをしながら、WP0002地点にあるハスの大群生地に到着。
時期的に全然早い(見頃は7〜8月)ということで、まだ水面に葉がでている程度でしたが、その広がりは相当なもので、沼に突き出す形に整備された遊歩道を渡っただけでも最盛期の姿が想像に難しくありません。
その頃になったらまたカメラ担いで来ましょう。近場にこんなところがあったことも、電チャリ散歩じゃなきゃなかなか気付かなかったでしょうから、この事だけでも充分ロケハンの役に立ったというものです。

その後、やっぱり脛ポケットにペットボトルは漕ぎにくいことこの上ないので、早々に残りを飲み干して、背負ったバックからL1出して首に掛け、空きペットをその代わりに入れて、ようやくマトモに走れるようになりました。

おなかタプタプなんですけど weep

手賀沼東端に向かう途中、沼の芦原でヨシキリの姿を幾度となく見かけるも、小鳥サイズは換算300mmクラスのレンズではやっぱり役不足ですねぇ。本格的に鳥撮りをするなら600mmクラスが欲しいところですが…あぁまた物欲。

サイクリングロード右手につづく田植えしたばかりの田んぼには、おなじみのサギたちがたくさんいました。
Photo

『田植えの頃』
DATA : Panasonic DMC-L1 & SIGMA APO MACRO 150mm F2.8  EX DG  HSM
1/1600sec. : F8 : ISO 200 : 150mm(FS.300mm) : trimming : SILKYPIX DS3.0 : B&W

30分ほどでWP0003沼の東端に到着。狭い水路を越えて、今度は沼の北縁を西に向かいます。
コチラ側にはサイクリングロードほど広くはない遊歩道が整備されていますので、そこをポタポタ。途中未整備の場所があったりしますが、自動車の行き交う道に出ること無く沼南大橋の北のたもとまで行けるので、初心者でも安心です。

右手に手賀沼親水公園にあるお城のような妙な建物(水の館というそうです)をながめつつ、WP0004のあたりで小休憩。
Photo_2 すると餌を求める鳩の群れに混ざって、草むらから一際大きな黒い謎の鳥が登場!
まわりの鳩たちを威嚇するように、しきりに口を開けてクァックァ鳴く姿、この赤と黒の厳つい隈取り顔…何処をどう見てもダースモールそっくりです。
カモの仲間? クイナの変種? 良く判りません…調べてもワカラナイし…。
まったく手賀沼周辺はエジプトガンといいコイツといい、謎の生態が満ち満ちています(苦笑)

ダースモールとひとしきり戯れて、少し疲れがとれたところで後半戦突入です。
橋の北端で一般道を横切り、少し西に行った辺りでちょいと迷子になりました。
我ながら情けない…普段カーナビ付きのクルマばっかり乗っていると、知らない場所ではすぐ迷子になる…ここで本日の教訓その2 : チャリにもナビしてくれる装備が(自分には)必要

なんとか遊歩道に戻って手賀沼公園をかすめ、ようやく沼の西端WP0005の柏ふるさと公園に到着です。
Photo_3 このへんまで来るとようやくテリトリーに戻ってきた感じなのですが、ここでも思いがけず良い被写体を発見!
自他共に認める鉄塔オタクの自分の目にも、見事に巨大な凛々しい鉄塔。しかも公園のど真ん中なので、なんの防護策も無く真下に入れますよ(嬉)
久々に11-22mmレンズ持ってきて良かった〜。青空にそびえ立つ鉄の構造物を、こ〜んなアングルから思う存分眺めることができて喜ぶなんて、オタク以外の何者でもありませんね。
冬の空気の澄んだ夜にココに来て、鉄塔の真下に三脚据えて、超長時間露光で鉄塔のシルエット越しに星の日周運動を撮影なんてのも面白そうです。
いや〜、創作意欲がどんどん湧いてきますねぇ(爆)

公園を後にすれば、あとはまたサイクリングロードでひたすら東へ。リベンジ達成まで、残すところあと1/4です。

千葉北導水路のレセプションセンターを過ぎると平坦で広い直線路がまた出現しますので、ココで再度最高速チャレンジしてみました。

結果は33km/h…かなり必至に漕いだんですけど、思いのほか伸びませんねぇ。
おそらくアシスト領域は越えてしまっているので、単純に自分の脚力が貧弱なのが原因なのでしょうが、スプロケット交換で車速18%アップなら35km/hは出ても良さそうなものですが。
手賀沼一周終盤でスタミナ切れ間近とはいえ、ちょっと残念。
これはクランクとチェーンリングの大径化も視野に入れないといけないかなぁなどと、思ったりもして(ああ泥沼)。

これで体力も使い果たし、一周を終えたWP0006ではすっかりグロッキーになってしまいました。
背負った撮影機材が重かったせいか、サドル調整のかいもなくお尻はイタイし。
本日最後のご教訓 : 折りたたみ車でも(やっぱり)荷台は必要

暫し道端のベンチで体力回復を図ったあと、帰途につきました。
これ、アシスト無しの自転車だったら帰れないよなぁ、絶対(爆)

以上で、総走行距離およそ29km(手賀沼一周部分約20km)のリベンジは終了であります。やっぱりこのくらいの距離になると、電動アシストでもそれなりに疲れますね。
ということで、本日の結論 : 体力作りはなにより大事 !!

タグ :

|

« 禁断の果実を手に入れた | トップページ | ♪おっ買い物 おっ買い物♪ »

コメント

すごい!
yonhongiさんのご近所にもいろんな野鳥がいるんですね~。

ちょっと足を伸ばすと緑や自然があるって、いいですね♪

投稿: haru | 2008年5月22日 (木) 17時15分

ようこそ野鳥の王国へ(笑)

>ちょっと足を伸ばすと緑や自然があるって、いいですね♪
正直言ってウチの近辺は「田舎」ですよぉ。
その昔、中学に入学したての頃、最寄り駅は単線で(未だに一部単線ですが)、なおかつ道からホームに直に出入りできるくらい貧相な駅だったので、友達に田舎だと笑われたもんです(苦笑)

投稿: yonhongi | 2008年5月22日 (木) 18時53分

ラッキーなのかアンラッキーなのかわからない滑り出しでしたが、
楽しそうじゃないですか~。
しかしいろんな生き物がいますねぇ。
そのうちワニとか大蛇とか出たりして。笑
最後は美しい娘が現れて、「そなたの落としたのは、金の斧か、、、」ですか?

ちなみに29km走って、バッテリーの残りは何灯でしたか?

投稿: Harry | 2008年5月24日 (土) 03時21分

>そのうちワニとか大蛇とか出たりして。笑
ワニもワニガメも流石にいないでしょうが、カミツキガメはいるそうです。
大蛇はいますよ、きっと。なんせ龍神伝説が残ってるくらいですから。

>最後は美しい娘が現れて、
いくら綺麗になったとはいえ、所詮「手賀沼」の女神ですからねぇ…ちと考えてしまいます(何を?)

ちなみに一周後のバッテリー残量は、5段階中2個点灯でした。
コースが殆ど平坦だったせいか、意外と残っているなという印象です。

投稿: yonhongi | 2008年5月24日 (土) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188876/41265828

この記事へのトラックバック一覧です: 復讐するは我 ( ̄ー ̄)ニヤリッ:

« 禁断の果実を手に入れた | トップページ | ♪おっ買い物 おっ買い物♪ »